2014/12/2

今日のグリ  

まだ焼津にいます。

グリの様態は依然悪いまま変わらず。

クリックすると元のサイズで表示します

午前中に病院に預け、抗生剤の注射、エコー検査・血液検査をして、心臓の周りに水がたまっていると言うことで、これを注射で抜く処置をしてもらいました。

その量が60ccもあり、2kgしかないグリにはずいぶん辛かったと思います。処置後はしばらく酸素室で安静に。

心臓もやや大きめになっていることもあり、呼吸が辛そうでした。午後にお迎えに行き、現在は自宅で休んでいます。

少しでも楽になってくれたらいいのですが。

ペットの入院・通院、手術や処置などの責任は、飼い主に権限があります。最適な選択をしてあげたい、と望みます。

病院でストレスと紙一重の最善の検査や処置と、自宅で落ち着いても何もしてあげられない焦りと、どちらもジレンマに陥ります。

グリが話せたら、どうしたいか聴きたいですね。わかったらどんなにいいか。

夕べの深夜は、たまに部屋の中を歩いていたようです(キャットタワーに乗ったような音がしましたが、電気をつけたら床に座っていたので、ぶつかっただけかも)。

しばらくはグリを見守りながら、その日の通院で、1日の予定を決めて行く日が続きそうです。

浜松のこたまとショコラには、もう少し辛抱してもらわないとならないようです。
5



2014/12/2  21:32

投稿者:margaret

そうなのです、小さな命が全て私の責任にかかっているので、10分おきに「これでいいのかな」と、迷いに迷っています。

いまかかりつけのお医者さんを信用するしかないです。ちなみにたまの主治医だった先生です。結果はともかく、たまの時も精いっぱい治療してくれました。

血液検査の数値的に腸管出血している可能性があるので、食べ物は受け付けませんが、点滴はやってくれたと思います。

自分は何もできないので、凹みますね。

ただただ、グリに苦しい思いをさせたくないですね。


2014/12/2  20:39

投稿者:ダジュリン

グリさんの辛い姿、写真を見るだけでも辛くなります。
ずっと一緒に暮らしている人ならその何百倍も辛いと思います。
凛とした気品あるグリさんの姿がまた見られますように。
こたまちゃんもショコラさんも寂しいかもしれないけど、頑張ってね。
マーガレットさんも看病疲れで体調など崩しませんように。

2014/12/2  16:35

投稿者:ひめ

何も出来ないけれど安心できる自宅なのか、本人は嫌でも身体を優先すべきか・・・
究極の難問ですよね。グリちゃんが話せない限り、マーガレットさんがどうしたいかになりますよね。
これがまた難しいんですけど。
胸水を抜いたんですね。病院で栄養も補給されたのかしら。
苦しみもなく、穏やかな心で過ごして欲しいです。
マーガレットさん、グリちゃん、応援しています。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ