2013/9/9

洋楽主義#45 ペット・ショップ・ボーイズ  Pet Shop Boys

洋楽主義#45 ペット・ショップ・ボーイズ

ようやく見ました。本放送は8月4日サマ&ソニ前だったんですが、浮足立っていて見るの忘れて、ようやく再放送を見ました。ちなみに次回再放送は10/16(水)午前10:00〜です。

さて、番組内容です。

先日のソニマニ生中継のスタジオ解説がヒドすぎて、WOWOWに軽い殺意を覚えていたんですが、この番組の作りはきちんとしております。

HPにはMCが田口トモロヲと表示されておりますが、トモロヲさんはナレーターで、番組解説は音楽ライターの吉村栄一氏、かなりきちんとした作りです。

クリックすると元のサイズで表示します

(グラストンベリーの出番前、何故か一緒に観覧するおじさんたち)

あるひと組のミュージシャンを取り上げた1時間ヒストリー番組ってたまに作られますが、ほとんどヒット曲をただ流すPV集、とか、ライブDVDそのまま流す、ってことが多く、初心者向けにはいいのですが、ある程度深いファンにとっては既視感ありありで、そんなに見どころがないという内容の事が多いんでス(少なくとも日本でPSB特集番組に関してはあらかたそうだった)。

それを考えれば、この番組はちゃんとPSBのヒストリーを追っていたし、キーワードや関連人物を絡めてこれまでのアルバムを全て紹介していたから、正味50分と短いなりに充実していたと思います(バックはずっとPVが入れ替わり立ち替わり)。ちゃんと最後の方には「Electric」発売の際のニール&クリスのインタビュー映像も入っていたし。

まあ、トモロヲさんのナレーションなので、どうしても「プロジェクトX」みたいになるけど…

んで、それで気になったのは、浅い番組だとスルーする「ゲイ要素」、今回はけっこう作品とからめて前半フィーチャーされていて、「It's a sin」から「Go West」くらいまでの作品解説の軸になっているんだけど、私、こういう見方って、(ファンにとっては当然わかっていることなのだけど)、メジャーなメディアで語られるのはほとんどなかったと思うから(だから私は10年くらい前に自分のHPにそういう歴史の流れを書いたんだけど)、思い切ったなっ、て気がした。

しかし一方で、画面に「ゲイ」って字がでっかく出て、トモロヲさんの「ニール・テナントは…ゲイだった…」ってプロジェクトXっぽいナレーションはどうかと思うよ、笑わせたいんか。思わず突っ込んだよ。

しかも公式にはアウトしていないクリスの彼氏がエイズで死んだことまで公開しちゃって、これ、クリスは怒ると思うよ!(←この話は一度も公認されていないんだよね…)

とはいえ、これまで比較的お気楽に扱われてきた「Go West」および「Very」の重い背景を明かして、ニールとクリスが苦しみの中から立ち上がったことをTVで話してくれたことはすごく嬉しかった。

近年見た日本のメディアの中では、ちゃんと調べてある、ちゃんとPSBを聴いてる人が作ったってわかる番組だったんで、私はDVDに保存しようと思うよ(←偉そうに、何様よ)。

クリックすると元のサイズで表示します

(ツンとデレを使い分けております、クリシーベイビー)

さて、明日の夜はソニマニのライブの再編集版の放送です。PSBの他のアーティストの分も放送されるんで、f**kin'スタジオ分はバッサリだと思います。それを期待します。
2



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ