2012/4/25

ありがとうございました  

先ほど、夜9時頃、たまが亡くなりました。

猫天使になりました。

応援して下さった皆様、お見舞いに来てお声をかけて下さった皆様、ありがとうございました。

たまは、お医者さんも驚くほど、とても頑張りました。どうか悲しまないで下さいね。私もたまの健闘を讃えて、ありがとう、よく頑張ったね、と言いたいです。

今日は、私も体調が悪く熱があったので、ベッドでたまと頭を突き合わせて寝ていました。その間、ずっと、たまと話をしていました。私が話しかけると、たまは声にならない返事(声は出ないけど、「ニャー」と言う感じで口を開ける)をしていました。たくさん話せてよかったです。

息がなくなる30分ほど前まで、スヤスヤと眠っていたのですが、けいれんが起きて、ちょっと苦しそうに息をし始めました(今度は本当に心臓発作だったのかもしれません)。その「けはっ」という息が30秒に1度になり、1分に1度になり、やがて息をしなくなりました。私はずっと手を握っていたのですが、どんどん冷たくなって行きました。

2月18日に消化機能が悪くなり、病状がわからないまま、入退院、通院を繰り返し、心臓病とわかった今月11日からは自宅療養でした。3週間、固形物を食べませんでしたが、水だけで本当に良く頑張りました。

たま、11年と5日、本当にありがとう。たまと出会えて本当に楽しかった。

しばらくは、アトリエも寂しくなるけど、見守っていてね。
0



2012/4/27  0:08

投稿者:たなばた

マーガレットさん、こんばんは。
そして、何度もゴメンなさい。たまちゃんも、今のマーガレットさんと同じに考えていると思います。

マーガレットさんと一緒に居た日々とか。今も寄り添っていると思いますよ。だけれども、痛み、苦しみの無いそう、たま天使さまですよね。なんだか、少しオカルトチックになってしまいましたが・・・。それ位、たまちゃん、頑張ってくれたと思います。

2012/4/26  21:00

投稿者:margaret

victoriaさん、Taeさん、たなばたさん、ニール大好きさん、jmさん、みなさんありがとうございます。

いまは、不思議とホッとしています。たまを天国に送る勤めが果たせて、感無量と言う感じがします。

でも、今まで何匹か猫を送っている経験から、悲しみが来るのはこれからの日常のふとした瞬間なんですよね。

とくにたまは、私が一人暮らしをして初めて独りで飼った猫だったので、すでにいないことが不思議でたまりません。体の一部を取られたような、不自然さを感じます。

ほぼ12時間前、まだ生きていたのに、いまはそのフカフフカした体すら存在しません。

どうしても、何をしていても、思い出します。

たま、いつもそばにいてくれて、ありがとう。

2012/4/26  12:53

投稿者:jm

今日のマーガレットさんの日記を泣きながら読みました。お二人ともお疲れ様。言葉がみつからないけど、たまちゃん天使に今までありがとう。

2012/4/26  10:19

投稿者:ニール大好き

たまちゃんは、マーガレットさんに飼われていて幸せだったと思います。

2012/4/26  0:14

投稿者:たなばた

マーガレットさん、猫の天使さんの
たまちゃん、こんばんは。

心配で来て見たのですが・・・。
たまちゃん、良く頑張ったね。
最後にママ(マーガレットさん)と
一緒にたくさんのお話と、天国へ見送って
もらって良かったね。

たまちゃん、苦しかったね。
けど、みんな大好きだからね。

マーガレットさん、大変だったと思います。
悲しい気持ちもあると思います。
まずは、ゆっくりと、たまちゃんを悼んで
下さい。立派でしたね、たまちゃん。
とっても素敵な猫店長さんでしたね。

たまちゃん、ありがとう。忘れないからね。
マーガレットさんの近くに、天使様に
なって居てあげてね。

2012/4/25  23:43

投稿者:Tae

たま、Margaretさん、今まで本当にお疲れ様でした。
お2人が頑張る姿を、時にはうちの婆ちゃん猫を膝に乗せながら拝見していました。永遠なんてない、ずーっと(生身のまま)一緒になんて無理だってわかってるけど、出来れば1日でも長く。。。そんな願いは同じ猫飼いとして本当によくわかります。。。特にうちの子ももう若くないから人ごととは思えませんでしたし。。。

みんなに愛されて、愛する人に最期の1秒まで看取ってもらえて、たまは幸せ猫だと思います。たまもきっとそう思ってると思います。
Margaretさん、とりあえずはゆっくり休まれて、お身体のほう、治して下さいね^^

2012/4/25  22:41

投稿者:Victoria

マーガレットさんもたま(店長)ちゃんも、本当に本当にお疲れ様でした。

ウチには4才になるウサギがいますが、最近初めて獣医にかかった事で改めてペットにとって心地よい環境作りを考える事にしました。

できるだけ長く、共に住まうための工夫はお互いの関係や状態を良くする事だとマーガレットさんとたまちゃんの今まで綴られてきた様子から、よくわかります。

見えなくても、多分、たまちゃんはまだまだ現役店長としてアトリエでお客さんを待ってるのでしょうね。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ