2011/3/19

BBCライブ:DVDコメンタリー(Home And Dry)  ランキング/リスト

PSBファンクラブ会報誌Literally36号(2010年12月号)掲載の、Ultimate付属DVDのBBCライブのニール&クリスのコメンタリー。21世紀に突入…なんかもう最近のような感じがしてきた。



24. Home And Dry (BBC Top Of The Pops)

ニール:おー…。

クリス:“Home and away”。座っている。

ニール:座っているね。おー、彼は音を拾っている…。

クリス:…3台のキーボードだ。数えた。

ニール:うー、マジ…。

クリス:自分があのショットを許したなんて信じられん…。近っ!…見てよ、eurrgghhh(アギャー)…おー、ビック。

ニール:ビック…。僕はライブで歌っているね。…大学ツアーと同じ時期に録画したと思う。それか、違ったかも、多分。もっと遅かったかも…。ジョディ・リンスコット…。この時、ブリットポップ時代からダイドやコールドプレイの時代へ移行していた。ジョディは良くダイドとプレイしていた。

クリス:ピート・グレダル…。

ニール:そう、ピート・グレダルだ。

クリス:ステージでは、君は彼の事をあまり見ないよね。

ニール:Top Of The Popsではね。マーク・レフォイだ。これはTop Of The Popsスペシャルの一パートだ。僕らは5曲演奏した。

クリス:音楽がすごく素晴らしい。このタッチは気に入っている。ここでの音楽は好きだ。たとえそれが録画されていなかったとしても、良くやんなきゃ。何でスチールがここにあるの?空っぽのスチールじゃん。

ニール:何でかわかるでしょ?続くパートで、僕らは「Love is a catastrophe」をやるんだよ。…おおー。、見てよ、…衣装。

クリス:ウィッグをかぶったな…。どんどんやった。

ニール:新世紀だ。

クリス:ポスト・ウィッグ時代さ。

ニール:新しいけど、どちらかといえばナチュラルだ。…見て、マークがバッキング・ヴォーカルをやっている。うん、もし僕たちがロックバンドだったら、こんな風に見えるんだ、いいね。そんな感じに見えるちょっとしたチャンスだよ。…ジョディが全部出し切っている。…ビックはジョニー・マーのマネしてるな。

クリス:ここでは僕らは確実にリアルだ。リアルであり続けている。
5



2011/3/20  11:49

投稿者:ニール大好き

コメンタリーにあるようにリアルでロックバンドみたいです。
素敵です。
release全体がそうですよね。

向かって左の黒いティシャツを着た細身の若い男性(ギターを弾いている)、blurのメンバーのように見えるのですが・・・

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ