2010/12/1

Making of "Together "  Pet Shop Boys

いまだに「Together」のPVが好きになれないんだよねー。

PSBらしくないの。

表面的には“クラシックとコンテンポラリーのトゥギャザー”というテーマはPSBそのものだけど、映像がねー、キャストが美しくない。キャムプさも萌えもないの。キャストには申し訳ないけど、特に女性のトウが立ち過ぎて、何度見てもガッカリ感が漂うのよ。予算が足りないのかしらって勘ぐっちゃうわ。同じ映像でもブルース・ウェーバーが撮ったら、キャストは退廃的美男美女だったでしょうに。

ラストの、青年の頬にキスマークがあって“夢か現実かわからない”的な演出も、いったいいつの時代なのよって感じ。もう21世紀になって9年経つのよー!新鮮味ゼロ。10年以上前の「I don't know what you want…」の方がよっぽど斬新。

でもまあ、メイキング映像があるみたいだから見てやって。


3



2010/12/3  23:09

投稿者:ed

やっぱり?

ハワード・グリンハルフ辺りがやるようなイメージをもってたでしょ?Miraclesみたいな。

Did you see me? で思たんだけど、もう、彼らは監督にすべてを任せているような感じだね。
自分たちからはアプローチをしていないんじゃないかな?

この曲を聞いてはっきりしたんだけど、PSBは次のステージに入った感じがあるんだよね。
かねてより、トランスは最高の音楽とChrisがいってたように、
あとは、どうやって飽きのこないPSB風に仕上げるかだったように思う。

Domino/Viva La vidaで明らかに突き抜けるようなサウンドを
ほしがっているような気がして・・
いままでのマイナー調やミドルテンポが織りなす味のある曲とちょっと違う、一聴して気分をハイにもっていくようなサウンド。

これから、こういう曲が主流になってくるのかな。。??

Togetherを初めて聞いた時は正直びみょ〜でした。
出だしのニールはなんだかアムロナミエに思えたし、
トランスパートのグルーヴ感はEast17かと思った・・・(笑)

でも、徐々になじんできたけどね。
たぶん、悪くないと思う。

2010/12/3  15:12

投稿者:margaret

えー、PVいいと思ったのねー、私の周りでは初めてだわー。

私には泥臭さと時代遅れっぽさしか印象に残らなくて、いつもセンスの飛びぬけたPSBらしからぬって思いました。

前にも書いたんですけど、ミレーヌ・ファルメールの1990年の「Désenchantée」のPV、東欧/廃墟/労働者のイメージが強烈で、テーマは違うけどこれを超えるイメージはもうないかなって思っているんですよ。しかも20年前にもうやってるんで…。

http://www.youtube.com/watch?v=a-osr41-ufI

2010/12/3  8:56

投稿者:ed

昨日、HMVからようやく届いて、新曲聞けました〜♩
で、あらゆるメディアが解禁。

これって、東欧で撮影したんだっけ?
オフィシャルビデオみたんですけど、飾り気がなくて、
素朴な労働者の日常感が反映されているような気がしてとても好感が持てたよ。

逆に、創ったり、盛ったりするような監督の演出は入らないような気がした。

労働者たちもYou'll get over it. みたいな。

地に足の着いたPVだね。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ