2010/5/11

PSBつぶやき(スターリン)  Pet Shop Boys

Twitter PSB

クリックすると元のサイズで表示しますpetshopboys:Gordon Brown went from being Stalin to Mr Bean. Looks like he's swinging back to Stalin.

ゴードン・ブラウンはスターリンからミスター・ビーンになった。彼はスターリンに戻ろうとしているように見える。

それに対してロシアのファンParkolDesignさんの意見:
にもかかわらず、多くのロシア人がまだスターリンを敬愛していることを知っていますか? 人々は、忘れて許している…

クリックすると元のサイズで表示しますpetshopboys:It would be better if they remembered the victims.
彼らが犠牲者たちの事を覚えていれば良かったのに。

ParkolDesignさんの意見:
私たちみんな、自国の無法にうんざりしています。多くの人々は、スターリンがそのようなものを許さないと考えています。

クリックすると元のサイズで表示しますpetshopboys:Under Stalin the state was criminal.
スターリン下では、その意見は犯罪だ。

ParkolDesignさんの意見:
その意見は、スターリン前後では犯罪でした。スターリンは暴君でした。でも私たちは代わりに誰か独裁者を持ち得たでしょうか?

クリックすると元のサイズで表示しますpetshopboys:Stalin was really a fascist anyway. Hitler's ally from 1939 to 1941. (This correspondence is now closed!)
スターリンは本当にファシストだった。ヒトラーは1939年から1941年まで同盟国だった。 (この符合はいま否定されている!)

ParkolDesignさんの意見:
私は反論しません。おやすみなさい! もう1時23分、眠る時間です。

*ちなみにParkolDesignさんはロシアのデザイナーだそうで、PSBを題材にした作品を書いています。↓こんなのありました。

クリックすると元のサイズで表示します

Parkol Design Workshop

3



2010/5/12  10:28

投稿者:margaret

こんにちは。
ニールとクリスは意外にTwitterで気軽に返信するから、多分、返事が欲しいファン達は、毎日山のように彼らにTweetを送っていると思いますが、その中でキラリと光るTweetや、たまたまタイミングが良くて目にとまったものに返信するのでしょう。

みなさまもダメモトでTweetを送ってみたらいかがでしょう。まえに私もちょこっとお返事貰ったことありますから、あり得ますよ!

http://angel.ap.teacup.com/margaret/

2010/5/11  20:32

投稿者:ed

おぉ…Twitterすげぇ!!
こういうのを見ると、ワクワクしちゃう。
ニールやクリスと知的な会話ができるって考えると、
胸がどっきん、どっきん、しちゃう。

ただのアホな呟きの連鎖じゃないんだ。
うん、有意義な国境を越えた会話だ。
えいごすげぇ。ねっとすげぇ。
さらりとmac使ってるニールとクリス…かっけぇ!!



おれ… 置いてかれてる… やべぇ(汗)

2010/5/11  17:58

投稿者:margaret

こんにちは。リアルタイムでニール/クリスとチャットのようにつぶやけるなんて、すごいラッキーですよ〜。普通に返事が来ただけでも嬉しいのにぃ。

私も歴女だの歴史ブームとか大嫌い。私はもともと歴史は好きだけど、キャーキャーはあり得ん。ほとんどがゲームのイケメン武将が発端なんでしょ?短絡的で失笑。またそういうのをカテゴライズして名前をつけるのがイヤ。

http://angel.ap.teacup.com/margaret/

2010/5/11  10:55

投稿者:エイプリル

おお、何と有意義なつぶやきあいだろう。
twitter のスピードと有用性が活かされている好例ですね。

若かりし頃、社会主義について学んでいたニール、あるいは独裁者を忌み嫌うクリス、お二人とも昨今の風潮に一言もの申さずにはいられないのが ありありと。

そう、人間は「忘れる」… いい思い出だけを糧にする。だから生きていけるんだけど、忘れてはならない事もある。ここ日本でも、ずっと“歴史ブーム”なんていわれてますが、「武将の変な逸話」とかで盛り上がってないで、やはり本質を捉えねばなぁ と思います。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ