2009/11/25

来年は寅年です  ドール/仕事

毎年、この季節になると、来年の干支の細工物を作ります。
来年は寅ですね。

もちろんパターンから自分で考えるオリジナルですが、昔からある伝統的な形に近づけるように心がけています。

私にとってこの細工ものは毎年、お歳暮からお年賀まで使うし、また、販売もします。年末のちょっとしたひと仕事です。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

寅というものはいわゆる「図が堅い」ものなので(逆の「図が柔らかい」ものは、花とか兎とか、万人向けの可愛いものを言います)、シンプルな形にしづらいんです。

ファンシーなキャラになり過ぎず、怖くもならず…けっこう難しいものです。

手作りには、大量生産とはまた違った良さがあります。

基本的に使う布は全て古い布(絹のちりめん)を使いますが、黄色の古布はほとんどこの世に残っていないので(痛んでいるか汚れているか、どちらかです。古布は50〜100年くらい経っているので、染料によってはボロボロになってしまいます)、古い白い着物(長襦袢)を解いて、染色をします。絹のちりめんは水に濡らすと縮むので、乾かす時にちょっとしたコツがいるようです。

同じ「白い絹のちりめん」を同じ染料で染めても、全く違う色になることがあるんですよ。ほとんど賭けです。

けっこう手がかかっているのでたくさんは作れません。
最初に20個作ったぶんは、すべて予約とプレゼントで終わってしまったので、これからあと15個くらい追加で作ります。

アトリエベベのギャラリーで販売(今のところ予約)していますので、良かったらおひとつどうぞ。



ところで、干支は、「向かい干支」を身につけるといいと言われています。
「向かい干支」とは、自分の干支よりも、数えて6つ違う干支のことです。
私は申(さる)年なので、6つ違う寅がラッキー干支なんです。
同じように、友人や仕事仲間など、相性も「向かい干支」の人とはいいようですよ。
2



2009/11/25  23:40

投稿者:margaret

こんばんは。

寅=猫、と勝手に変換。ワタシには猫がラッキー・アニマルだと、信じてます。

2009/11/25  18:15

投稿者:Victoria


なるほど〜…という事は私も寅年グッズを身につけると良いのですね!!

…ん?!大阪のおばちゃんには寅柄?!(笑)

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ