2009/10/30

Neil Tennant opens his diary@  Pet Shop Boys

昨日の記事にあった「The Spector」のニールの日記の訳、その@。

The Spector - Neil Tennant opens his diary(2009年10月28日)-

ツアーでは、人は被害妄想でエアコンを入れるようになる。(私は2カ月のペット・ショップ・ボーイズの北米のモントリオールから南米のリマまでのツアーから戻ったばかりだ。) あなたは恐怖とともに新しいホテルの部屋を交渉する。エアコンを入れるのはどんなに騒がしいだろうか?それをオフにすることができるだろうか?メインのエアコン・ユニットの直下の最上階の部屋で、その結果、文字通り振動する部屋なら?部屋にチェック・インしていて1日中、しょっちゅう雑音に気付くというわけではない。しかし、夜遅くにショーから戻ってきて、町の騒音が静まり返っていたら、残酷で、不眠症を意識するようになるだろう。早いうちに部屋を換える時だ。チャーミングで有能なホテルのスタッフは、決して雑音を立てないで、そうっと人を満足させることができる。それから、凍る程に冷房を入れている楽屋がある。コンサートが始まる前に、彼らは肺炎を患わせたいのだろうか?バック・ステージで何か温かいものを取り、いつもベッドで耳栓をしなければならないことを学ぶ。

ラテンアメリカは“ノーマル”になっている。1994年、その地での私たちの最初のツアーのときに、各国のプロモーターは、空港のゲートで私たちと合流し、まっすぐ車に私たちを素早く案内し、税関手続きはどうやら実在しなかった。15年後、ペルーやメキシコに入るのは米国に入るのとさほど変わらない。私は、これを彼らの市民社会の発展の励みになる徴候であるとみなしている。リマはグルメの首都だ。私たちは3日間そこにいたのだが、私たちが食べたあらゆる食事は傑出していた。ペルーは、地方やアジアの影響を受けたハイ・クオリティな素材と優れたシェフに恵まれている。どうやら、35台の気象システムが地球上にあって、ペルーはそれらの28台を所有し、だから限りなくバラエティーに富んだ食物を食べている。私はそれをあまり強く勧めはしない。

法王ヨハネ・パウロ二世は反ユダヤ主義だったろうか?あるいはただ機転が利かないだけ?ツアー中に私が読んだ本の1つが、Fritz Sternの「Five Germanys I Have Known」だ。これは著名なユダヤ系アメリカ人の歴史家による伝記で、彼は戦前のドイツで育ち、彼の家族と共に米国に移住した。5つの”ドイツ”は、ワイマール、ナチ、資本主義の西ドイツ、共産主義の東ドイツ、今日の統一されたドイツである。彼は、その全ての彼の経験の内部報告と、アメリカの相互作用を定めている。1987年、彼は法王ヨハネ・パウロ二世に謁見し、そこで多くの優秀なアジア人学生が、最近アメリカの大学にたくさんいる事を熱く報告した。「彼らはユダヤ人の代わりになっている」と述べた。法王の応答は少し恐ろしかった。「ええ、でも、彼らユダヤ人はまだメディアと財政をコントロールしている。」

今日、ポップ・ミュージックのキモはコンサートなのだろうか?あるいは、携帯電話で写真やビデオを撮ることは、楽しいのだろうか?ステージの上を歩けば、容易に後者を推測できるだろう。ほとんどのコンサートでは、カメラのフラッシュでまぶしく、ビデオを記録するライトが光り輝いている。アトランティックシティーで、私はバラード「Jealousy」を、心をこめてパフォーマンスしようとしていた。正面にいたある女性が、私の対面に立ち、友人に写真を取らせていた。それから画面で写真をチェックして、バカ笑いして再度写真を撮った。私は彼女を蹴飛ばしたい気分だった。

続く



*ニールもストレス溜まりやすい性格ですよね。ご自愛くださいませ。

コンサートで写真やビデオが断固禁止されている日本は、ニールにとってストレスのないヴェニューと言えましょう。お行儀のいい日本に、是非来て!!
3



2009/10/30  20:54

投稿者:margaret

ニールは英国人にしてはグルメなんですよね。
あと、英国人は普段クーラーはあんまりつけないですからね。

ペルー料理は食べたことがないです。日本にペルー料理屋さんあるのかな〜。南米料理で食べたことがあるのは、シュラスコ(ブラジル料理ですよね…違った?)くらいかな。

味の素いっぱい入ってるんだ…。それじゃ、素材の味を生かせないね〜〜。まあ、どこでもお手軽な道に流れるようになっちゃっているみたいだけど。

2009/10/30  20:02

投稿者:Victoria


確かにペルー料理(家庭料理)は野菜や肉、魚のバランスが良くて、しかもウマイです。じゃが芋やトマトは原産地なので尚更。

ただ、「味の素」なんて誰が広めたのか?!…あと、水不足なのもあって甘すぎる炭酸飲料が水代わりなのも気になるけど…。


そういえば、学生時代、イギリス人の教授が夏も冬もエアコンの効いた教室の窓を開けてましたが…体感温度の違いですかねぇ?!

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ