2009/9/30

怒れるPSBファンの件  Pet Shop Boys

ドイツのAmazonの「Beautiful People」(ドイツでのみシングル・リリース)のレビューに、イギリスのPSBファンのお怒りレビュー。面白い(失礼!)ので訳してみました。この人は、去年変わったマネージメントへの怒りをぶちまけています。そんなに言う程ヒドくはないと思うけど、まあ感じ方は色々ってことで。真っ直ぐなファンなんですよね?

PSBの2009年は、酷いマネージメントだ 
2009年9月22日・By Gabby (UK)

この現実は、私がペット・ショップ・ボーイズの「Yes」時代に閉鎖性をもたらすだろうという失望感を持った。この歌(「Beautiful People」)は非常に平凡だ。たくさん良いトラックがあるのに。他のトラックはどの国でも、もっと成功できるシングルになるような良い曲なのに。

私見では、PSBは今年、マネージメント不良に苦しめられた。(彼らは新しいマネージメント下にいるのだが、私が彼らであれば、いますぐ契約解除をしているだろうに!)。シングル・リリースにおけるお粗末な決定、彼らのウェブサイトのエラー、iTuneのエラー、「Yes」の限定版のブックレットの乱丁…。それは完全に修羅場だ。

「Did You See Me Coming?」はシングルとしてリリースされるべきじゃなかった。彼らのアメリカ・ツアーの宣伝ポスター・コンペは雑な混乱だった。加えてツアーの開催地が変更され、トロントのV-Festのパートはお粗末な選択だった。それから、ついに「Beautiful People」をドイツのみでリリースすると言う。きちんとしたB面をちゃんと作る気力がなく、薄っぺらいトラックだ。

2009年はペット・ショップ・ボーイズにとって意味のある年だ。Britsの功労賞を得て、とても多くの宣伝や露出だったが、それが何もなっていない。興味を引いたにもかかわらず、アルバムは期待はずれだった。彼らがした事はいまのところ、期待を満たしていない。

私は真剣なでコアなPSBファンだ。このレビューを書かなければならないことに、とても失望している。私は彼らがやることはとても好きだが、彼らはより良いマネージメントを必要としている。時々彼ら自身を再発見するべきだ。さもなければ、彼らはこれ以上EMIとの契約を続けるべきではない!
2



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ