2006/4/3

プラシーボ(プラセボ)  日常

イギリスのロックバンド…のことじゃなくて、ニセ薬の効用のこと。昨日の新聞に出ていたので…。(念のために説明しますと、胃腸薬を「頭痛薬」と偽って飲ませても頭痛が治ってしまうような現象。)
つまりは人間というのはものすごいいい加減なのだなあ。私の飲んでいるあれも、ただのラムネかも。頼っているという感覚だけで救われていると言うか…。

これも新聞ネタですが、猫がゴロゴロとのどを鳴らすあれ、まだ謎が多いそうです。気持ちのいい時にやっている場合が多いのですが、凹んでいる時や具合の悪い時にもやる。これについてコラムリストの仮説では「辛い時、猫はゴロゴロ言って幸せな時を思い出そうとしている」とな。これ、面白い。人間で言うなら、凹んだら大声で笑えと言うことかな。
私の場合、PSBの『Where the streets have no name (I can't take my eyes off you)』を聴くと踊りだす、とか。あ、これはただの条件反射?
1



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ