2008/12/29

Brits2009シミュレーション  Pet Shop Boys

来年、2009年2月18日のブリット・アワード(ブリッツ2009)のために、昨年2007年と今年2008年のおさらいをした。私がWOWOWに加入したのが2006年の末だから、この2年分は録画してあったのだけど、本当は2006年のブリッツもアーカイブしておきたかった・・・なぜなら、マドンナへのプレゼンターでニールが出演しているから。前にYouTubeで見たけど、今はもう落とされちゃっている。またWOWOWで放送しないかしら・・・。

ちなみにWOWOWで放送されるのは、例年、ブリッツから5週間も後、3月下旬!たぶん、今年も。うう、待てない。しばらくはYouTubeにアップされることを期待して、ガマンしよう。

毎年、ブリッツでの特別功労賞受賞者は、破格の扱いであることは間違いない。
ここ1年活躍したミュージシャンのパフォーマンスと各賞の授賞式が交互に行われて、特別功労賞の授賞式は最後のメイン・イベント。
昨年2007年はオアシス、今年2008年はポール・マッカートニーが受賞している。

メイン・コーナーとして、司会(今年はオズボーン・ファミリーだった・・・来年は誰かなぁ)が特別功労賞のイントロダクションをして、大声援のなか、アーティスト登場。受賞アーティストのスピーチ(多分ニールが喋るだろうな。クリスは“サンキュー”くらいか?) の後、楽曲パフォーマンス。3〜4曲。おそらく新曲(「Love ect.」)と、代表曲(「WEG」とか「Go west」あたり?)を演奏するでしょう。全部で15分くらい。もっとやって!

偶然とはいえ、先行シングルと記念すべき10枚目のアルバムを次の月に控え、絶好のプロモーションのタイミング。タイミングさえもPSBに味方している。成功者ってのは、運や時の女神(男神かも)からさえも、愛を注がれてしまうのです。2009年はPSBイヤーになること間違いなし!

あと2ヶ月もありません!みんなでドキドキ待ちましょう!
(関連記事のタレコミ大歓迎です!)

↓今年の特別功労賞、マッカートニーのステージ。
来年に備えて、ハートが破裂しないように、じゅうぶんシミュレーションしておきましょう。



シミュレーションなのに、ドキドキしています。こんな熱狂のステージが、2月に繰り広げられるのね〜〜。
ねえ、アールズ・コートってすごく大きな会場だけど、観覧者って音楽関係者だけなのかな?けっこうキャーキャーしているファンっぽい人たちもいるけど・・・。チケット制で、一般人でも入れるのかなぁ。なら行きたいよぉ。生で見たいよぅ。
0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ