2008/5/31

Go West  Pet Shop Boys

今日はお食事会。いつものバリハイ。
食事・酒制限中ですが、ストレス解消のためにはたまにはいいと、お医者さんも言うから1杯だけね。あ〜おいしかったぁ。

クリックすると元のサイズで表示します



アルバムレビューVery - Go West -

ついに「Go West」が来ちゃった。
もう、ワタシは語りつくした感がある。
もういいよ、とも思うけどあまりにもこの曲の存在は大きい。

PSBのオリジナルではないのにPSBの代表作であるという点がちょっと気に入らないのだけど、この曲はPSBバージョンだからこそ意味があるし、深い。

これほど世に知られ、かつ意味を知られていない歌もあったもんだろうか。
しつこいかもしれないけどもう一回言うね。

PSBの「Go west」は(ゲイの)楽園崩壊を歌った曲、だと。

そしてこの曲が大嫌いなニールを説得したのはクリスの方(非常にたくみなその誘惑っぷりはレビューをお読み下さいませ)。

能天気ともいえるゲイの楽園賛歌であるオリジナルのビレッジ・ピープルのバージョンを、たとえ同じ曲でもニールが歌えば"そこにはそんなものはない"という絶望感に聞こえる、とクリスは思った。

う〜ん、さすが。だてにパートナーシップを組んでいない関係だよね。音ヲタ、音フェチのクリスは、ナンダカンダ言って、ニールのヴォーカルを世界一理解しているんだよね。クールに言えば、楽器として最高の音だからクリスはそれを愛しているんだよね。

ああ、いい話聞いちゃったって感じ。

まあ、レビューは長めなので、じっくりお読み下さい。

楽園崩壊については、まだ続き(返歌)があるので、それはまた明日のレビューで。

この曲では1993年の発表以来、ほとんどのライブでアンコール・ラスト曲です。この曲が流れる頃にはもうみんなボロボロです。その熱狂とせつなさもこめて。

0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ