2008/4/23

脱したい、人間関係からっ  日常

忙しくて予定の月曜日に検査結果を聞きに病院に行けず、今日になってしまいました。結果は・・・また血液検査の再検査・・・一週間後じゃなく、病院が休みだからゴールデン・ウィーク明けになりそう。うう、イラつく。いったいどこが、何が悪いんだよう。



クリックすると元のサイズで表示します

ビジネスパートナーだけではなく、マジトモ27年…。うらやましい、本当、うらやましい。

気持ちがナーヴァスになると、思い出す・・・あの子ら。

1〜2年前、ワタシにはとある3人のファン・メイトがいました。それぞれバラバラの土地に住んでいて、ワタシとはみんな実際会って話ししたこともあるけど、3人はお互い知人同士ではありません。たまたま同時期に3人、ワタシのブログやHPを見てそれぞれコンタクトしてきた人たちです。PSBファンであること、30代後半シングル女子であることが最大の共通点で、メールでしょっちゅうくだらない話を交わしていました。メールボックスを開けるのが毎日の楽しみの一つでした。ワタシのほうがネタをもらったこともよくあります。

毎日毎日こんなに“好きなものが一緒で話が盛り上がれる”のは、それはそれは女子高生のようで楽しかったのです。メールだけの付き合いだけじゃなく、本名も住所も知っていて実際会っているし、これはもう“友達”と呼んでもいいな、とワタシは思っていました(そのうち1人とはロンドンのライブに一緒に行き、PSBに会ってきました。←左のプロフィールのニール&マーガレット2ショット写真をとってくれたのも彼女)。

ところが。3人とも・・・状況が多少違うとはいえ、今はまったく付き合いがありません。彼女たちからそれぞれメールが来なくなっても、ワタシは定期的に今でも「お元気?」とか「PSBネタ」のメールを送っています。でも、まったく返事がありません・・・まるで、この世から存在が消えてしまったように。毎日数十通のスパム・メールは届くのに、彼女たちからのメールは届きません。


ワタシが3人同時に何かとてつもなく失礼なことをしたのではないかと思い悩むんですが、彼女たちから来た最後のメールには、「じゃ、またね、おやすみ〜」とか「あれの感想をまた聞かせてね」などという、“アンタには飽きた、終わりにしよう”的な雰囲気は皆無なメールなのです。「何月何日に遊びに行く」と言っていたのに、結局それも無伝言のまま実現しなかった。3人同時に宇宙人にアブダクションされて記憶を消されてしまったとか?


そう、不思議なのはもしワタシに嫌気がさしたとしても、あれだけ熱く恋焦がれていたPSBを忘れるかい?ってこと。いや、ワタシは一度好きになったものは少なくとも10年は続けるか忘れられないけど、世の中的にはそれは少数派で、ファンたるもの次々にターゲットを変えるものなのか?

”好きな対象“は、時に本人よりも雄弁にものを語ると思います。すごくいい感じの人だなって思っても、彼女(または彼氏)が最低の人だったりすると、評価が変わります。アーチストやクリエイターなのに、世間で流行っているものばかり追いかけているような人には幻滅しますよ。だから”好きな対象“が同じ、というのはある種の絆だと思っていました。でも・・・なぜか・・・そうではなかったみたい。もしや、彼女らにはほかの拠りどころができて、PSBというお薬は必要なくなったのかしら。

自分のせいかもしれないから、ワタシは彼女たちを責めたりはしないけど。「なぜ?」という気持ちが時々ワタシを追い詰めます。寝る前にフト思い出したりしたら、レンドルミン(心療内科処方の睡眠薬)飲まないと朝まで眠れなくなる。おそらくもうこのブログも見ていないんだろうと思う(一人は、毎日ブログの感想を送ってくれていたから)。人間関係って儚い。こんなに悲しい思いをするのなら、人間関係なんてないほうがいいのかも・・・と思う(これは恋も一緒か?哲学者ニール・テナント曰く「恋なんてないほうがいい・・・すぐに終わってしまうから」のように)。

今ここに毎日来てくれるPBSファンの人も(ほとんどが知らない人だけど)、ずっと知り合いや仲間でいたいと思うんだけど・・・無理なのかな?

もしかしたら、そういう移ろいやすい世界を一番見ているのがミュージシャン本人なのかも。先日まで「愛している」って言っていたのに、いまはほかの新人バンドの追っかけ・・・う〜ん、これはコタえる。だからこんなに切ない詞を書くのかな。そして、ワタシも詩ではないけど、切ない気持ちで作品を作ります・・・。
0



2008/4/28  9:13

投稿者:margaret

エイプリルさん、こんにちは。
ワタシも去るものは追わず・来るものは拒まずに賛成です。が、やっぱり「何で?」という疑問は残りますね。今の便利な世の中、メールの1本くらいって思うんですが、それが未練?もしこれがボーイフレンドだったら大事ですよ。

コーヒー農園にいるのかもしれませんが(笑)。

2008/4/27  11:34

投稿者:エイプリル

皆さん揃って何かの病気で入院しちゃったとか、あるいは家族が、はたまた ある日道を歩いていたらマンホールに落っこちて、そのまま地球の裏側に行ってしまい、今頃ブラジルの農園でコーヒー摘んでるとか…?

あまり深く考えてもきりがないです。
私は人間関係は縁、来る者拒まず・去る者追わず!に賛成です。

2008/4/23  22:17

投稿者:margaret

ええ…男…それもあるかもしれませんね。

突然ぶっつりと、何の前触れもなく、みながみな死んでしまったかのようにいなくなってしまったのは解せないんですが、彼女らの場合、盛り上がり過ぎて突然エネルギーを使い果たしかのかもしれません。毎日長文メールを書くのって、しんどさ尋常じゃありません、まさに恋する乙女状態…そしてワタシだけがまだずっとその状態に何年も漬かっている。

熱烈な恋ほど冷めやすい、のめりこんだぶん、我に返る反動が大きい。ただし、これは若い(未熟)ゆえなんですけどね、普通。

本当の友達って、1年くらい会わなくても再開するとまだちゃんと友達関係にワープできるし。女同士は不思議です。

みなさまもゆっくり毎日ちょっとづつ、何かを好きでいて下さい。

2008/4/23  20:33

投稿者:Victoria

多分…男関係の変化じゃないですかね。興味の対象が男性→デート→結婚になったとか…。

私は特に音楽の突っ込んだ話をするには、男性の方が合う時が多いです(実際、SNSを入ったり出たりしてますが、話が続くのはなぜか男性ばかり…)。多分、男兄弟に挟まれているからというのもありますが。

メールがプッツリ途絶えるのは、メールや言葉で伝えるという事が得意でないという事かも知れません。

あと、私が商売に関わってて思うのは、あまりにもワガママな消費者が最近多い事。それはある意味、その人の性格や考え方から来るものでもあると思います。人を思いやる気持ちに欠けすぎているのです。すべてに損得を基準にしすぎるのです。

まあ、思わぬ家庭内トラブルというのも案外ありますよ。私も結構一方的に長文メールを送りつけて、自己満足してしまう人ですが…相手を心配してメールを送り続けても、どちらかというと、やはり女性の方が返事が遅かったりしますね。

季節の変わり目でもあるし、私も心身のバランスを崩して、最近は「みんな大キライ」状態でした。

ウザい事が多い時代ですが、PSBに癒やされながら心穏やかに行きたいですね。
どうぞお大事に。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ