2008/3/25

You know where you went wrong  Pet Shop Boys

昨日、音楽サイトに出ていた小ネタニュース。

「コールドプレイは、今年8月に日本で行なわれるサマーソニック・フェスティヴァルのヘッドライナーとして、120万ポンド(約2.3億円)の高額オファーを受けたとの噂。1ステージ75分×2回とすると、1分当たり8,000ポンド(約155万円)換算になるとか。」

まあ、ミュージシャンのギャラなんてどうでもいいんだけど、謎の部分なので、へーって感じ。コールドプレイの場合、多分、マリンスタジアム(一番大きい会場)でのトリで2億、ちょっと招待価格の大盤振る舞いっぽい。ってことは、去年小さめのステージでトリをやったPSBは5〜6000万円くらいだな、アバウトだけど。でも、ダンサーズ、シンガーズ、スタッフ達のギャラも込みだろうし、セット、機材搬入、全部イギリスから(去年はシンガポールのライブ経由だったけど)来たわけだから、ニール&クリスのギャラはそう思ったほど高額でもないのかな。でも時給は100万円単位だよね〜。ニヤニヤしたり、たまに弾いているだけで!?(←ちゃんとずっと弾いているよ!)



アルバムレビューActually - You know where you went wrong -

ある程度ヒット・シングルを聞きたおすと、PSBの懐の深さは、実はB面にあるんじゃないかと思えて来る。この曲のようにシングルでもなくアルバムにも入っていないB面かもしれない。

PSBにはB面集の「Alternative」('95)があるが、たいていのアーチストのシングルB面はほとんどファン以外の耳に届くことなく忘れられてしまうのがふつうだ。だからアーチストにとっても、比較的扱いの低い曲になってしまう傾向があるのは事実。でも、PSBの場合は実に美しい曲が多い。この「You know where you went wrong」(「West End girls」のテイストで作られている)もそう。PSBは多分、どの曲もアルバムに入れる、またはシングルにできるクオリティで曲を作っている。

だからこそ「Alternative」以降10年の忘れられた曲集(「Alternative.2」)を出して欲しい・・・。


↓「You know where you went wrong」とは関係ないけど、何万円もするコンセプト・アート・ブック「Visionaire」に収録されていたちょっとした幻のトラック「Transfer」。このアンビエントな美しい音&ニールのエンジェル・ヴォイスがたまりません。


1



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ