2008/1/28

Release Home and dry  Pet Shop Boys

アルバムレビューRelease-Home and dry

「Home and dry」は、好きな曲10曲に入るでしょう。寒いときに暖かい室内で聞きたい曲かも・・・今の季節のイメージだなあ。

待つ男。家で、恋人の帰りをじっと待つ男。なんとなくこれに21世紀っぽさを感じます。ビジネスで世界中を飛んでいる恋人が、男性であろうと女性であろうと(女性のほうが現代っぽいかな)。でもまあ、ここは作詞者の意図を汲んで、世界を飛び回る男と、家でじっと待つ男の、対照的な2人にしておきましょう(実際、生活の半分はツアーで世界を飛び回り、半分はスタジオにこもって曲作りをする2人自身の分身かもね)。

21世紀って、もう性的役割を捨ててもいいんじゃない?男が家で恋人の帰りを待っていても、全くおかしくないんだよね。こういうのもニールからのメッセージだと思う。

ところでタイトルの「Home and dry」ですが、これは不思議な単語ですよね。日本版のCDの訳注には「成句で、目標を完遂させる、(目標を達成して)無事であると言った意味」と書いてあるから、英語ネイティブの人ならわかるのかもしれないけど、英語圏に住んだことがないので・・・「Home」にはまだ”達成、辿り着く”的な意味があるのはわかるけど、「Dry」には、辞書はもちろん、英語スラング事典にも、そういう意味のニュアンスは載っていないんだよね〜(そう、インタビューとか訳していると、けっこうスラング事典は必要なんですよね。あと、専門用語も飛び交うでしょ。特にクリスの音楽用語は素人にはわからない。言葉は生き物だね。)いや、いまでも全然ダメだけど、なんとかがんばって訳をやっております。翻訳のプロには勝てないから、これはニールが言いそうとか、クリスはこういう風な言い回しをするよねとか、よりPSBらしく訳せるよう心がけています。

↓2002年、アメリカ・NBCでの屋外ライブ&インタビュー。「Home and dry」と「West End girls」。




0



2010/2/16  0:26

投稿者:さとし

僕もこの曲はナンバーワンです。人生のターニングポイントに必ずかける曲。

2010/1/18  13:25

投稿者:margaret

こんにちは。

前にも言ったかもしれませんけど、10年以上前、すごく近く(墨田区本所)に住んでいました、ワタシ。その頃に癒されたかったです!!

待合室でPSB、是非続けてくださいませ!

http://angel.ap.teacup.com/margaret/

2010/1/18  12:06

投稿者:副院長

お久しぶりです。
約1年ぶりにPSBのブログを書いたので、参考にさせていただきました。
待合室のBGMに今年も「Home And Dry」を使用しています。

http://blog.sumiyoshi-clinic.com/?eid=1165778

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ