2008/1/24

ルーファス東京公演  音楽(洋楽)

Rufus Wainwright : Official Site

昨日のルーファス・ウエインライトの東京公演の話です。
10年ぶり、2度目の来日だそうですが、10年前と言ったらまだルーファスがデビューしたばかりで、少なくともワタシはライブをやったかどうか記憶にないので、実質、よく知られるようになって初の来日コンサートと言えるかもしれません。
ワタシにとってはパリのおさらいです(パリのライブレビューもご参照ください)。

満員の国際フォーラムCホールに登場したルーファスは、ぴちっとしたスーパースター風のキャンプなつなぎ風の衣装にスパンコールがついて、ネックレス、指輪もキラキラ。かなりサービスで胸毛を見せていましたが、プリンセスっぽかったです。パリの時よりちょっと痩せていたけど、ガタイはいいです。相変わらずぼっちゃんぽくてかわいい。

曲はほとんど去年5月のアルバム「Release the stars」からでした。あと、昔のアルバムから数曲と、「Rufus Does Judy at Carnegie Hall」(ルーファスが、かつてジュディ・ガーランドがカーネギー・ホールでやったコンサートを完全再現したライブのCD化)から2曲。バンドもクールでした。

ルーファスは曲の印象よりずっと明るい人で、けっこうおしゃべり、2〜3曲ごとに話をします。でも、残念ながら日本人は英語がわからない・・・ワタシも半分くらいしかわからない・・・ごめんね。で、後半は通訳の人を舞台袖から呼んでいました(けど、プロじゃないのかほとんど役に立ってなかった)。

途中、ゲスト(明らかに素人っぽい日本人女性)が3人出てきて舞台で踊っていたけど、あれが一番不可解だったわ。ゲストとしか紹介されなかったんだもん。あれ、出てきた理由を説明して欲しかったな。自己紹介もなく、いったい誰なのかって。”?“が浮かびっぱなしだったわ。

2部構成の後半が終わり、アンコールで戻って来たルーファスは、”もう終わったからくつろいでた”みたいにバスローブで現れ、ピアノで弾き語り。その後、バスローブを脱ぎ捨てて、ショータイム。ハイヒールを履き、口紅をつけ、ライザ・ミネみたいに歌って踊るサーピス・タイムでした(この時間がパリはもっと長かった)。多分、ルーファスはこれがすっごく楽しいんだと思う。迷いがないもの。

クリックすると元のサイズで表示します

脚が細いのね〜〜。あ、今日はパンツ見えてなかったよ。ジャケットの丈をちょっと長くしたんじゃない?
この写真はパリでワタシが撮ったもの。ボケていてごめんなさい。日本では客席から写真は絶対厳禁だけど、ヨーロッパでは別にいいみたいです。さすがにワタシはフラッシュたかなかったけど、たいてるひともいるくらいで。携帯でムービー撮影→YouTubeに投稿、も当たり前ですね。

20日から3箇所まわったルーファスたん、日本を気に入ってくれたかしら。歌舞伎はよかったって言っていたわね・・・連獅子が。また来てくれるといいな。この後は真夏のオーストラリア・ツアーです。

ところで「Rufus Does Judy at Carnegie Hall」からの1曲「If Love Were All」は、ノエル・カワードの曲で、昔ニールも自身が企画したノエル・カワードのトリビュート・ライブ「20th century blues」で歌っていましたね。

↓以下はルーファス・バージョンの「If Love Were All」。ピアノはゲストのルーファス・ママです(2007年11月、フランス・トゥールーズ)。




そしてこちらはニール・バージョンの「If Love Were All」。
ニールもルーファスも鼻音を使う、ちょっと類似性のあるボーカル・スタイルですが、ルーファスはドラマチックに歌い、ニールはクール、かつ包み込むように優しく歌う・・・それぞれのよさがあるので、聞き比べてみて下さい。



ちなみに、PSBのラジオコンサート「Concrete」に出演したルーファスは、PSBの「Casanova in hell」を歌っていますが、この曲はすごくドラマチックな曲なので、ルーファスのバージョンはすごくよかったです。ニールのはねえ、そう、ちょっと乙女ちっく、カワユク歌い過ぎかも。


0



2008/2/1  22:33

投稿者:margaret

追加。
2月1日朝日新聞夕刊の「ステージ」欄に、ルーファスたんコンサート評が出ていました。このコーナーは週一だから、ルーファスのコンサートは今週一番良かったに違いない。東郷かおる子氏絶賛。プロも「ライザ・ミネリみたい」って思ったみたい。そう、キラキラのステージは、今後伝説となるがいいわ。

http://angel.ap.teacup.com/margaret/

2008/1/29  17:08

投稿者:margaret

初めましてこんにちは。ようこそです。
コンサート最中にお花を渡していたご夫婦ですか?ワタシも、いいな〜って見ていましたよ〜。ワタシは6列目センターでしたが、最前列って、もう運命的な奇跡ですよね。

そうだったんですね。あの人たちはやっぱりファン代表でしたか。せっかくだから自己紹介をしてくれたらよかったのにね。

それにしてもルーファスはファン・サービスがいいです。PSBはこういう演出はないなあ。あったらブーイングがすごそうだし。もしあって、もしワタシがニールやクリスにハグやキスをもらったら、ここがワタシの死に際・・・そのまま死にたいって思うなぁ。これ以上いいことなんて、今後なさそうだもん。

ともあれ、Kiyacoさんご夫婦はおめでとうございました。またどこかでお会いするかもしれませんね!

http://angel.ap.teacup.com/margaret/

2008/1/29  8:52

投稿者:kiyaco

私も主人とRUFUSのライブを観にいきました。大好きなRUFUSを最前列の席で観れられただけでもラッキーだったのですが、途中のMCで何と私と主人のことをRUFUSが「Coolest peoples」と会場に紹介してくれるハプニングがあり、生涯最高の忘れがたいライブになりました♪♪
ライブ後、近くの飲み屋に行ったら、「Between My legs」でRUFUSと踊っていた3人組と遭遇したので話しかけてみました。もともとUSのRUFUSのファンサイトでコンサートであの曲のMCやりたい人の募集をしているんですが、彼女たちもそれに投稿してたみたいです。彼女たちは名古屋、大阪も行っていて、ファンがMCをしてなかったので、ツアーマネージャーにクレームして、東京の当日に連絡をもらったとか。

2008/1/25  11:15

投稿者:margaret

こんにちは。久々に1日のお客様数が200を超えましたけど、これはルーファス関連でしょうか。ワタシはドツボにはまった超ファンとまではいかないので、こんな冷めたレビューでごめんなさい。

でも、元々ルーファスってツウ向きですよね。そこそこ洋楽好きな人でも、ルーファスは知らないって人も多い。映画や演劇、クラシックの関連から知った、って方は多いんじゃないでしょうか。ワタシも映画のサントラからだったし。

ルーファスは生まれた時から音楽の英才教育をされてきたようなものだから、深い、渋い、というのは当然かもしれませんね。でもけっこうベタなところもあるみたいです。

http://angel.ap.teacup.com/margaret/

2008/1/24  20:05

投稿者:まりゅ

こんばんは♪寒いですね〜。

わぁ〜わたしもライブ見てみたかったなぁ。。
日本(東京)のライブでもルーファスさんドラァグしてたんですね!☆もうルーファスのトレードマークになりそうですよね。かなりスタイルいいですもんね(笑)

ファンの方々が老若男女…って、やっぱり幅広いんですね。わたしは彼のお母さんがやっていたケート&アンナ・マガルグルのアルバムも昔聴いた事があるんですが、かなり通好みのシブ〜いアメリカン・ロックって感じでした(ちょっとワタシには渋過ぎて…)

そのせいか、ルーファスの音楽もよく聴くとかなり渋いもの、って気がするんです(どこってうまく言えないんですが…)。職人技というか。。。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ