2016/1/23

胃腸が弱いボク  ラブラドールレトリバー

昨日ぐんが具合が悪くなり吐いてばかりいた為、今日は動物病院へ行ってきました。


レントゲンの結果、胃や腸に異物などは見つからず現在は食欲もあり(あげないけど)
元気もあるのでおおきな問題はなし。
輸液を点滴してもらい脱水の恐れもないので1週間ほど様子を見てください、とのことでした。
ぐんは今まで健康上の問題がなく5才まできてるのですが、
念のためこの辺で一度診てもらっておくのも手かなと思い、
以前から散歩中に犬を連れてる人にリサーチして1番人気の高かった動物病院へ行ってきました。
開院10分前に到着して予約表に名前を書いた時点で28番目!
待合室もいっぱいで噂通り人気があるようでした。
常連さんらしき人に話を聞くと、前の晩から予約表に名前を書けるみたいで、
その人も前の日の晩7時に並んで予約を取ったと言ってました。
万が一に備えていろいろ知っておくのは大事ですね。

待ちくたびれ中。

    クリックすると元のサイズで表示します


本当はレントゲンなんて撮らなくても普段から異物は食べないぐんなのですが、
万が一ということもあるし元気な犬でも急変することがあると言うので
安心の為に撮ってもらいました。
結果、異物は見つからずやはり予想通りの胃炎のようです。
輸液を点滴してもらい、この程度ではうちでは薬は飲ませないんだけど
気難しい飼い主だと思われるとややこしくなるので一応吐き気止めと抗生剤を1週間分もらいました。

さて、問題なしとわかったとたんに私もお腹が空いてきて…
考えてみたら私も昨日のお昼から何も食べていませんでした!
ぐんが絶食中なのに私が食べるわけないじゃないですか〜なんてね。
実は心配でお腹が空かなかった、というのが本当かな。愛だぜ愛。

柔らかいものを少しずつあげるようにと言われたので
家に帰ってからフードを少しふやかしてあげました。

それから私も卵かけご飯を食べました〜

そして疲れて眠るぐん。


      クリックすると元のサイズで表示します


レントゲンを撮るときにだいぶ暴れて手こずらせたみたいで
なかなかレントゲン室から出てこなかったのですが
その後若い男の獣医さんが胸筋がパンパンだぁーと笑いながら言っていました。

大変お手数かけました、さーせん!!



ぐんお兄たん、じっとしてなくちゃでちゅよー!!


...と、胃炎の原因が言っております(笑)


      クリックすると元のサイズで表示します





ランキングに参加しています。

よろしければバナーをクリックお願いしますワン!


にほんブログ村 犬ブログへ
にほんブログ村
0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ