2007/2/26


クリックすると元のサイズで表示します

実家の沈丁花が咲いていました。
小さくて貧弱な木なんですが、それでも毎年数個の花をつけてくれます。
ジンチョウゲ科。 別名:瑞香(ずいこう)

クリックすると元のサイズで表示します

名前のわからない、小さなアロエみたいなトゲトゲの植物から
にょき〜っと伸びた花。
母は名前など気にせず、面白そうな植物を買ってしまい、
買ったことは割と早く忘れる人。
その結果、ある日突然、見たことのない花に出会えたりします。



2007/3/4  20:23

投稿者:ルプレ

♪おはるさんも沈丁花お好きなんですね〜。
いい香りですよね、ほんとうに。
ほんの少しでも香ってくれるのが沈丁花のいいところ。
でも来年はご実家の沈丁花もたくさん咲いてくれるといいですね。

2007/3/4  9:52

投稿者:おはる

 沈丁花の花のシーズンですよねぇ・・。あの花の香りが好きで私の実家にもあるのですが、去年枝卸をして今はちょっと小さな木になってしまいそこに花をつけています。ただ、桜の花が咲くころにはしぼんでいるのが残念です。

2007/2/27  23:57

投稿者:ルプレ

♪KAZUさん、こんばんわ〜。
やっぱり沈丁花もすこ〜し早い感じがしますよね。
春の香り。
香りは、もしかしたら夜のほうが、
花の姿が見えないほうが、生きているかも…
なんて思ったりもしますが、いかがでしょう^^;。

2007/2/27  12:58

投稿者:KAZU

もうジンチョウゲの季節なんですね。
昨日会社からの帰り、近くの高校の前を通ると
良い香りが。
残念ながら夜の学校ということもあり、
花の姿を見ることはできませんでしたが、
あれはジンチョウゲだったと思います。

コメントを書く


この記事にはコメントを投稿できません




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ