古今東西気まぐれブログ

女性と子供のための 心と体にやさしい治療室 みなみ台経絡鍼灸の公式ブログです。文章画像の持ち出しは、一切禁止とさせていただきます。Copyright(c)2008 Minamidaikeirakushinkyuu All Rights Reserved.

 
みなみ台鍼灸院 (旧 みなみ台経絡鍼灸)のコロコロのブログです。

カレンダー

2019年
← August →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
この記事へのコメント一覧
※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:りくママ
病名を聞かれて、答えたくないときは
「答えたくありません」と言ってもいいのでしょうか?でもそれではお薬と症状が合ってるかわかりませんよね・・・・・
ま、私の差し障りのない返事では合っているのかどうかすら分からない答えだったと思いますけど・・・(苦笑)
でもそれでは本来の確認にはならないですし、お薬をもらう方も、聞きたいことがあっても聞けませんよね〜
そこが嫌であれば、他の調剤薬局に行けばいいんでしょうけど、その薬が他の調剤薬局にあるかどうか、ちょっと不安になって、結局その病院から一番近い調剤薬局に行っちゃうんですよ
どのくらい一般的なお薬なのか(どこの薬局でもおいてあるのかどうか)わからないですし。
でももっと、そういうことにどん欲になってもいいですよね、患者側も。自分の体に関わることなんですから。
なんとなく医療関係者には遠慮があるんですよ、日本人って。
投稿者:コロコロ
 おっしゃるとおりです。
薬局で、薬剤師がお薬の説明をするときには、特に患者さんの情報が他の方に漏れないように工夫することが大切だと思います。
私も、気になっていました。

カウンターで横並びでお渡しするところがまだまだ多いですが、仕切りを設けたり、お薬相談コーナーを別に作ったりしているところも増えてきましたね。

個人的には、
他の患者さんがいらっしゃるときは、
薬効などは声に出さずに、薬剤情報の用紙とお薬を照らし合わせて、これは、こういう効果のお薬ですと説明して、症状に対するお薬で間違いないか確認していました。

また、患者さんが自ら言われない限り、病名など、個人情報は聞かないことに決めていました。
一方で、検査結果まで持ってこられて、説明してほしいといわれることも良くあります。
薬局は、お医者さんより、お話しやすい身近な存在でもあります。
処方薬で気になることは、お話してみると、必要なときは医師に問い合わせもしてくれます。
薬局をどんどん活用してくださいね。
その分、問診表の記入とお薬手帳が重要なのです。

私も他の調剤薬局に処方箋を持っていったとき、病名を聞かれて、困ったことがありました。
投稿者:りくママ
お仕事、お疲れ様でした。
最近は本当にお忙しそうでしたもの、
すこしゆっくりできるといいですね!

先日、病院に行って薬を処方され、
目の前の調剤薬局で薬をもらおうと思ったところ、「こういう薬が出ていますが、どうなさいましたか?」と聞かれました。
あまり言いたくない内容だったので、差し障りのない程度に答えてしまったのですが、
他の人に聞かれないような配慮をしてほしかったなあ、とちょっと悲しくなりました。
薬局によっては個別のついたてがあったりするのに。
ま、それはさておき、お疲れ様でした
これからもよろしくお願いいたしますね!
投稿者:sugarleaf
薬剤師のお仕事紹介、とても勉強になりました。
息子は喘息気味で2歳半から薬漬けです。今はアレジオンと言う薬のみですが、こんな風に出してもらっているのだと思うと、本当にありがたいことです。40分待ち当たり前!ですが、こういうことだったのですね。
世界中の薬剤師さん、一般人の信頼を忘れずに、お仕事がんばって下さい!!!
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ