2007/10/26  

パイ作りはまずパートから  その2  映画
昨日アップした パート 手でコネコネするタイプと
本日は フードプロセッサーで作るタイプの生地を紹介します。
今日のご紹介する記事は バターの配合が多くさっくりと焼きあがるのですが
その代わり上に流し込むパイのねたを入れる前に空焼きをする必要があります。
分量は 強力粉125g 無塩バター125g 塩3g 水50cc〜60cc
パートブリゼという生地の作り方で デザートだけでなく キッシュなどにも使われる
用途の広い生地です 冷蔵庫にこれがあれば 急に来客があっても大丈夫です^^
クリックすると元のサイズで表示します
まず 材料を用意し 冷却しておきます。
クリックすると元のサイズで表示します
手早くバターをさいの目に切ります。


クリックすると元のサイズで表示します
フードプロセッサーに小麦粉を 
クリックすると元のサイズで表示します
そこにバターと塩をいれます。
クリックすると元のサイズで表示します
手早く粉とバターをかき混ぜます。 粉が舞うので このように上にフキンなどを
あててください。
クリックすると元のサイズで表示します
練り過ぎないよう バターの粒粒がこのように残っているように


クリックすると元のサイズで表示します
そこにフードプロセッサーを回転させながら静かに水を加えます。
なじんだらすぐにマシーンを停止します。

クリックすると元のサイズで表示します
かき混ぜすぎに注意してください 焼いたときにバターが溶け揮発し
さっくりとした生地にするには 練りこみすぎるとだめです。
クリックすると元のサイズで表示します
取り出して
クリックすると元のサイズで表示します
ラップに包んで冷蔵庫で一晩寝かせます。
こちらは あっという間にできてしまいますが 
手でコネコネする楽しみはありません(笑)
0


※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ