2007/2/28  

新橋亭の60周年記念賞味会  グルメ・クッキング
昨日の続きです。新幹線で東京駅まで 山手線に乗り換え新橋に
以前から ニチレイシェフズバランスと言う冷凍食品などで
一緒にお仕事をさせていただいている 新橋亭の田中料理長よりお誘いがあったので
お邪魔させていただきました
http://wellness.nichirei.co.jp/
美味しく食べて320キロカロリー以下というシリーズです
今回は 宮廷満漢名菜宴席 というものです
スタートは6時からでしたが 列車の都合で私たちだけ7時スタートにしていただきました
メニュー(菜譜)を見ながら まずは前菜から
 クリックすると元のサイズで表示します
宮廷料理にふさわしい華やかな前菜ですね
トコブシの紹興酒漬け 鮟鱇肝のグラス三層盛りウニソースかけ 豚舌の赤麹煮込み
金針菜と鴨の水かき和え です
円卓の回転台には お通し として 7種類
クリックすると元のサイズで表示します
干牛肉・藍花生・洋芋 XO醤 などなど です
そして温かい前菜は
クリックすると元のサイズで表示します
七面鳥の炒め物 マテ貝と野菜のトーチー炒め 舌平目のから揚げ
牛ミノ焼きマスタード風味などです
この後スープが3種類 と海鮮料理が一皿でます。
クリックすると元のサイズで表示します
大山軍鶏と中国七星湖のサボテン花の壷蒸しスープ

クリックすると元のサイズで表示します
上海蟹の卵とウニ卵のふかひれ姿煮込み
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
これが出てきて
クリックすると元のサイズで表示します
フカヒレのあんかけ五穀飯
ご飯を中に入れてリゾットのようにしていただきます。
海鮮はほら貝の炒めと平ら外の創作焼きとホタテ揚げ三種盛り でした。
ここでお口直しの 山芋とナツメの蒸し菓子と 潮州鉄観音茶が出ました。
そしてその後にお肉料理は
クリックすると元のサイズで表示します
トナカイの肉のステーキ レバーの香辛料炒め 心臓の煮込み 
元の時代の料理だそうです。
クリックすると元のサイズで表示します
これが小さく取り分けていただいたものです。
次に 清時代の名菜 2kg位の特大錦エビと特大の伊勢エビの辛し炒めと
塩味炒め の二種盛り

クリックすると元のサイズで表示します
この錦エビ メニュー解説で聞こえてしまったのが ニシキヘビと聞こえちゃって
おお ニシキヘビの料理かぁと(笑)思っていたら
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
そしてこちらが
クリックすると元のサイズで表示します
ニシキヘビならぬ 錦エビです(笑)
クリックすると元のサイズで表示します
1人前づつ取り分けていただいたのがこれです。
そうしてエビ料理もう一皿 巻きエビの踊り石焼は

クリックすると元のサイズで表示します
焼いた石に活けエビを入れてスープをかけたところです。

クリックすると元のサイズで表示します
中に塩味のお茶の漬物状のこの緑が独特の風味を 田中さんに聞いたら
笑って教えてくれません(笑)たぶんこれが隠し味なんでしょう
そして お肉料理もう一皿は
元の時代の 子羊の丸焼きと子羊の串焼き 薄餅皮添えです

クリックすると元のサイズで表示します
切って取り分けているところです。
クリックすると元のサイズで表示します
ちょっとアップにして

クリックすると元のサイズで表示します
北京ダックのような感じで巻いていっていますね
これともう一皿がこちらです。
クリックすると元のサイズで表示します
これで またここで お口直しの塩卵入りココナツ団子 と10年ものの普耳餅茶が

クリックすると元のサイズで表示します
かわいらしいお団子ですね 続いて

クリックすると元のサイズで表示します
ハタの蒸し炒めと白身の創作塩味蒸し 唐の時代の名菜
横から見ると
クリックすると元のサイズで表示します
冬瓜の台に 新橋亭の彫刻が^^
この後 孔子の名菜料理のコンソメスープを髣髴とさせるスープが出て
デザートです。
クリックすると元のサイズで表示します
ジュンサイと白きくらげの甘煮 パパイヤの器盛り
クリックすると元のサイズで表示します
ライチのシャーベットと創作デザートの盛り合わせです。
少しずつ食べたのですが すごくお腹がいっぱいになったところで
美味しいお茶が出ました
クリックすると元のサイズで表示します
緑茶と様々な花茶を組み合わせたお茶(上海の工藝茶)です
クリックすると元のサイズで表示します
ご馳走様でした
0


※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ