2005/11/2  

お店が 2005JCDデザイン賞受賞!!  
はじめての方に お店の雰囲気をわかっていただきたいので 
トップ記事にいたしました。
いつもご覧いただいている方は 
このトップ記事の下に最新の記事があります。
または 左側のカレンダーの日付をクリックしていただけますと
クリックしていただいた日の記事を見ていただくことができます。

おかげさまで GINZA kansei の内装は
社団法人日本商環境設計家協会(JCD)JCDデザイン賞
2005年 第2部 飲食店舗部門 優秀賞  受賞いたしました。

今年の応募作品総数は343点。作品の傾向が似通った昨年とは異なり、新しい響きを感じさせる作品が多く集まったようです。

今回は特別審査員に、建築家のクライン・ダイサム アーキテクツを迎え、第一線で活躍する7名のメンバーによって厳正な審査会が行われました。審査方法は3段階審査で、付箋紙と挙手による投票が実施されました。

当店の内装のテーマは 私の作り出す料理と建築家堀池秀人先生のコラボレーション

では その内装の一部をご覧にいれましょう。

240本収納できるワインセラーが 店内中央にあります。

ここに先生のコンセプトの文を入れてみましょう。

シェフ坂田幹靖と建築家堀池秀人とのコラボレーション
「GINZA kansei」 設計ノート

ベーシックコンセプト : nobleness(高貴さ、高潔さ)、genuiness(本物の追求)

・ 料理とワインを中心とした食の空間 : ワインセラー→約240本収納。
・ 空間の中に登場する同じモデュール(寸法)、プロポーションの2つのオブジェ : ワインセラー、木製収納。
・ 飛び出した厨房カウンター : 野菜、トレーを置いたり、盛り付け等を行う→シェフのプレゼンテーション、シェフからのメッセージ台としての役割を担う。

その底流には食材、料理こそがアート、あくまで主人公はシェフとその作品としての料理という考え方がある。地球環境時代、低成長経済の時代との認識のもと、デコレーションを抑え、媚態を排したミニマリスティックな原初的空間、寡黙な空間を目指した。

「地球環境を想わずにはいられない時代。そんな時代の「風」と共振しながら、「食」と「空間」のダイアローグを考えてみました。創作フランス料理の達人としてあまりにも有名な坂田幹靖オーナーシェフとのコラボレーション。

上質な自然食材を捜し求め、ライトでヘルシーな時代の要求をハズすことなく最高のクオリティを生み出す。

目撃したのはシェフのすさまじいまでの知的でクリエイティヴな戦いの現場・・・。

つくり込み過ぎ、もの溢れが気になる世の中に、いつの間にか異議申し立てをしてみたくなっていました・・・。」
(オープニング・レセプションの案内状より)

2004年晩秋      建築家  堀池 秀人


店内は  バリアフリーです。それから設備系の概要は
GINZA kansei  家具等の概要

・ダンボールオブジェ     堀池秀人アトリエ オリジナル製作物
・キャンバスアート      堀池秀人アトリエ オリジナル製作物
・ワインセラー       堀池秀人アトリエ オリジナル製作物
・収納間仕切壁      堀池秀人アトリエ オリジナル製作物
・自立パーティション 販売 : hhstyle.com
メーカー : Baleri 
品名 : Cartoon
デザイナー : ルイジ・バローリ    
・椅子(黒)       販売 : hhstyle.com
メーカー : Vitra  
品名 : .03(ゼロスリー)
デザイナー : マールテン・ヴァン・セーヴェレン
・椅子(木製) 販売 : hhstyle.com
メーカー : Vitra  
品名 : Ply-chair
デザイナー : ジャスパー・モリソン
(hhstyle.com原宿本店 tel:03-3400-3434)
・スポットライト 販売 : 山田照明
             メーカー : LUCITALIA
             品名 : Kri-Spot
             デザイナー : Sigheaki Asahara & Akira Yamamoto
・客席蛍光灯       販売・メーカー : 遠藤照明            
品名 : LEOPTE-LINE(レオプテ・ライン)
・厨房棚下灯       販売・メーカー : 遠藤照明            
品名 : T5シームレストラフ
となっております。
また施工していただいた会社・スタッフは
GINZA kansei
所在地:東京都中央区銀座5-6-13 西五番街ビル3F
主要用途:飲食店舗(フレンチ)
設計:内装 竃x池秀人アトリエ  担当/堀池秀人 柳沼昌弘 蓮見洋一
施工:内装 株式会社白水社 担当/渡辺大徳 植田和実 澤田大悟
    厨房 大和冷機工業株式会社 担当/矢島哲 川崎克哉 栗木孝
の皆様です。

 
調理場から客席に向かって突き出たカウンター






自立パーティションが見えますか?

手洗い通路から客席を 左手が調理場です。

個室の扉を収納し そこから見た店内です。

このお店を作るにあたって たくさんの皆様に協力していただきました。
この場を借りて 深くお礼申し上げます。
どうもありがとうございました。


0

2005/9/9  11:13

投稿者:chef SAKATAさん
どうもありがとうございます。皆様よりお祝いのメールなどが たくさん頂戴いたしました。確かにそちらの気候ですと ワインセラーが必要ですね お察しいたします と言ってもお届けするには大きすぎるし(笑)

http://r.gnavi.co.jp/a385300/

2005/9/9  8:55

投稿者:evikunさん
受賞おめでとうございます。専門的なことはもちろん
わかりませんが、写真でみるお店の雰囲気が
なんとなく、青山の路地裏の半地下にあった、数年前
のKANSEIを彷佛とさせてくれて、勝手に10年前の新
婚のころおじゃましたころにフラッシュバックしてい
ます。

最初にワインセラーの画像があるので、のどから手が
でたいぐらいですが、手がでてもむだ?、海の向こう
なので、のどから飛行機を出したいくらいです。

失礼しました。

※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ