2006/10/30  

続きと 今夜 日テレ「嵐の宿題くん」に料理が出ます  休日に
お蕎麦の続きです。字数が多いとそれ以上更新できないので昨日の続きです。

それから今夜 23時55分より 日テレ 「嵐の宿題くん」に料理が出ます。
よろしくお願いいたします。

大きなホタテのてんぷらです。
クリックすると元のサイズで表示します
赤いのはトマトのてんぷら くしに刺してあったのは むかご(自然薯の子供)
で あと オクラです ミニトマトは 一瞬 食用ほおずきかなと思ってしまいました。
ホタテは 中心がまだ生っぽく 甘くてなかなか でした。
ここでも 天つゆには 砂糖(糖分)が入っていません。
なんとも 江戸前 粋 の追求とでも申しましょうか 余分なものを
全て省いていく 
浅草 並木の藪 あのそばつゆも 絶対にどっぷりつけさせないぞ
と言う江戸っ子の意地みたいのが感じられて楽しいし
なんとも 面白い世界です。ただ昔の人 汁のはねはどうしていたのでしょう?
私なんか いつも一気に蕎麦を手繰りこむと 必ず シャツに点点が(笑)
ズズッと音を立てて 空気を入れながらすすりこむと より蕎麦の香りがたちやすく
美味しくいただけるのですが その代償は 妻の冷笑 あんたまたやったのね(笑)
どなたか 上手に蕎麦をすする方法を伝授していただかないでしょうか。
太いアスパラのてんぷらです といっても最初に焼き焦してから衣を着けて
さっと揚げたようですね 香りもそんな感じでした。
そして ジャーン 蕎麦掻 登場
 

クリックすると元のサイズで表示します
むっちり滑らか 美しいですね 新そばの 蕎麦掻です。
クリックすると元のサイズで表示します
生醤油をチョイとつけて わさびを載せて 海苔でいただきます。
蕎麦掻のお皿のふちの点点 これが金繕いです。
美味しいです これは注文してから少し時間がかかるので
待っている間に おつまみを 注文し それをいただきながら出来上がりを
待つわけです。
クリックすると元のサイズで表示します
このほうが繕いの後が見やすいかな
クリックすると元のサイズで表示します
そこで 2枚目のセイロをいただきました。最初のと蕎麦の産地を変えて
出してくださいました 茨城産だそうです 細川さんは24軒ぐらいの生産者より
蕎麦の実を購入しているそうです。 また しみを一つ^^;



クリックすると元のサイズで表示します
佐藤先生の書です なんとも私のような素人が申し上げては失礼ですが
味のある 文字と内容で お酒が進んでしまいます。
クリックすると元のサイズで表示します
家内は 仕上げに そばの実の餡蜜仕立て 寒天の下にそばの実が 黒蜜を
かけていただくのですが 何もかけないで いただいてもよいと思います。
私は
クリックすると元のサイズで表示します
ごぼう天そばを こりこりと歯ごたえのある美味しいごぼうで
土の香りが そばの味を引き立てます。ご馳走様でした。
仕上げに 濃くほうじていただいた ほうじ茶を頂戴しました。
クリックすると元のサイズで表示します
タンニンがしっかり渋くって最高 エスプレッソみたいです(笑)
食べれなかったメニューはまた後日頂きに参りますね〜

江戸蕎麦 ほそ川 電話 03-3626-1125
東京都墨田区亀沢1-6-5 お休みは月曜日
0

コメントを書く

この記事にはコメントを投稿できません




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ