2013/6/28  

7月のディナー  今月のメニュー
食材探しの旅の途中ですが この時出会った食材を使ったディナーを
7月2日より行います。
夏が「美味しい宮城のディナー」です。
今回はお越しいただいたお客様全員に宮城県より素敵なプレゼントまでご用意しています 
どうぞ 美味しい宮城県を食べに 銀座にお越しください。
最初の一皿は
クリックすると元のサイズで表示します
リッチフィールド パプリカの生産では日本1の生産量を誇っています
クリックすると元のサイズで表示します
この設備はフランス製で 昨年訪問した時にちょうどフランス人の技術者が居て
ここでフランス語を喋ることになるとは お互いびっくり(笑)
食べもの大丈夫?と聞いたら ロックフォール持ってきたと(爆)
ワインはどうするかは聞きそびれました。
クリックすると元のサイズで表示します
そのパプリカとナス・ズッキーニ の夏野菜と 南三陸の今が旬のウニを合わせました
赤いオイルは天然リコピン入りオリーブオイルです
二皿目は
クリックすると元のサイズで表示します
登米産トマトのスープ リコッタチーズ キャビア添えです
http://angel.ap.teacup.com/applet/kanseichefsakata/20130620/archive
こちらで鈴なりになっているトマトがご覧になれます。
小さなトマトを一個ずつ湯剥きして 手で裏ごしします
手間がかかりますが ミキサーで潰すのとは美味しさがまるで違います。
7月は私の手にスパチュール(木杓文字)タコができるかもしれません(笑)
すでに包丁タコはあります・・・
クリックすると元のサイズで表示します
南三陸の銀鮭のマリネ 栗原のキュウリ 蔵王のつるむらさき 
このうえに栗原のルッコラが乗ります。
クリックすると元のサイズで表示します
フォアグラのテリーヌ 蔵王のプラムの自家製ジャム カブのマリネ 自家製ピクルス
アイスプラントの盛り合わせ 夏トリュフ添えです。
フォアグラにちょこちょこいろいろなものを組み合わせて楽しんでいただけます。
クリックすると元のサイズで表示します
南三陸産穴子の赤ワイン煮込み 大穴子小骨を骨切りしてから煮込んでいます。
古代米とフレッシュきくらげを添えて
古代米の食感と生のきくらげの食感穴子の食感口のコクのある赤ワインのソース・・・
是非とも濃い赤ワインと一緒に召し上がっていただきたい一皿です。
クリックすると元のサイズで表示します
メインは漢方和牛サーロインステーキ
クリックすると元のサイズで表示します
黒毛和牛と熊本赤牛の交配種に肥育時に漢方薬を混ぜた餌を与えているお肉です
味わい深いお肉です 
そしてデザートは^^
クリックすると元のサイズで表示します
夏が旬の高原イチゴ北のさくらんぼ赤いフルーツのスープ仕立てです
7月2日からのディナー 私が一人ですべてを作っています。
皆様のご来店お待ちしてます。
2


※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ