2012/9/15  

岩手への支援活動  災害支援
もう15回目ぐらいになると思います 6月に行ったのを飛ばして
先日13日に岩手県大船渡市にて
第4回お料理教室の開催致しました。
会場は、岩手県大船渡市保険介護センター 大船渡市盛町字下舘下14-1 
リアスホールの向かい側。地下1階調理室。
大船渡産カツオを使ったお料理4品を行いました。
クリックすると元のサイズで表示します
9月半ばだというのに まだ暑い・・ すでに稲刈りも始まって
だいぶがれきも片付いて 家の新築もちらほら始まっています。
始発の新幹線で一関 そこから出迎えの車に乗って 2時間ちょっとで 大船渡に着きます
クリックすると元のサイズで表示します
いたるところに まだ津波の爪痕が残っています。
会場について
クリックすると元のサイズで表示します
今回もさんさんの会の皆さんとの共同開催 おっ 浦島さんが来てました。
大船渡調理師会の会長 お店は津波で流され 6月にお店を再開されたました。
現在も仮設住宅よりお店に通ってられます。

http://www.facebook.com/home.php?#!/kappo.urashima
今回のテーマは大船渡産のカツオを使って
1本のカツオを食べつくす ということで

●カツオのスープ
●カルパッチョサラダ
●カツオのラグーパスタ
●かつおのステーキ アンチョビー風味

を皆さんと作ることに致しました。
クリックすると元のサイズで表示します
まず カツオをさばく事から始めます。
クリックすると元のサイズで表示します
今回参加されたのは 大船渡市食生活改善推進員団体連絡協議会の皆様です。
クリックすると元のサイズで表示します
お手伝いして下さったのは 一関の野菜ソムリエ 千田さんと(手前)
岩手県職員の宮田さん(奥)です。
クリックすると元のサイズで表示します
皆さん 地域に戻って 料理教室をされたりしているので 料理の腕はかなりのものです
クリックすると元のサイズで表示します
熱心に見てられますね 今回も定員いっぱい20名の方が参加されました。
クリックすると元のサイズで表示します
5枚におろして  腹の部位はカルパッチョ 背の部位はステーキ
骨のすき身と 整形するときにできる切り落とした身で 
ミートソーを作りパスタにする
骨でスープを作る というう4品です。
クリックすると元のサイズで表示します
丹念にエキュメ(あくと脂を取ること)してできた透き通ったブイヨン
このブイヨンをベースにして ソースや ミートソースを作ります。
クリックすると元のサイズで表示します
ミートソースのデモンストレーション中
今回のカツオは見事な4KGサイズ 実に美味いカツオです。
クリックすると元のサイズで表示します
カツオのカルパッチョ完成です。ヴィネガーはレモンと梅酢を使用しました。
クリックすると元のサイズで表示します
カツオのステーキ アンチョビー風味ソース
クリックすると元のサイズで表示します
さんさんの会の会長菊池さんも手伝って 皆さんのぶんを作ります。
クリックすると元のサイズで表示します
皆で食べた後 記念撮影 お疲れ様でした 先に帰られた方もいるので
参加者全員ではありません。会長のわかめの養殖をやっている本田さんも被災され
わかめも例年の半分ぐらいかなぁと 来年はもっとたくさん採れますよと
明るく語っていたのがとても印象的でした。
また来ますね その時はどうぞよろしくお願い致します。
2


※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ