2012/1/15  

スペインへ  旅行
昨年11月にスペインに行きました
11月19日(土)ディナーの営業を終え 着替えスーツケースを持って羽田へ
深夜便でパリ・ドゴール空港に早朝着きます。
ここで乗り換えスペイン ビルバオまで向かいます。
クリックすると元のサイズで表示します
まだ夜が明けぬドゴール空港 寒いです・・・
クリックすると元のサイズで表示します
この小さな飛行機に乗り換えビルバオに向かいます
クリックすると元のサイズで表示します
ビルバオより出迎えのバスに乗って サンセバスティアンに向かいます。
San Sebastián 大西洋 バスク地方 ビスケー湾沿いの都市です
クリックすると元のサイズで表示します
ビスケー湾を眺めながら San Sebastiánに向かいます 途中でランチの予定
クリックすると元のサイズで表示します
サンセバスティアンはフランス国境よりわずか15kmのところにあります
昼食はミシュラン二つ星ムガリッツの予定です。
クリックすると元のサイズで表示します
ムガリッツ到着2010年に火災にあって全焼 再建されたレストランです
店内に入るとさっそく調理場にどうぞと案内されました
クリックすると元のサイズで表示します
「世界のベストレストラン」第4位に輝いているムガリッツのシェフ
アンドーニ・ルイス・アドゥリツ(Andoni Luis Aduriz)
気さくに質問に答えてくれます
クリックすると元のサイズで表示します
ドレッセにはピンセットが必需品
クリックすると元のサイズで表示します
清潔で近代的な調理場
クリックすると元のサイズで表示します
奥のボードにはテーブルごとの伝票が並び
クリックすると元のサイズで表示します
こちらには時間ごとの入客予定が
クリックすると元のサイズで表示します
そして調理場正面のガラスに本日のメニューが書いてあり
アンドゥーニは少しフランス語を話すのでこのメニューはしょっちゅう変わるの?
と質問したら 少しずつ変わるのと 魚は契約漁師より買うので獲れた魚によって
変えるとのことです。
お料理は昼も夜も同じコースのみです 150ユーロプラスバイザグラスのワイン65ユーロ
ぐらいだったかなぁ〜 16皿のコースです
クリックすると元のサイズで表示します
まずこんな日本語の
クリックすると元のサイズで表示します
そしてメニューには
クリックすると元のサイズで表示します
こちらと
クリックすると元のサイズで表示します
そして お料理が始まります
クリックすると元のサイズで表示します
こちし出来立てのフルーティな白ワインと
クリックすると元のサイズで表示します
最初の数皿は手で食べるお料理 ナイフフォークはセットされていません
アンドーニ風フォカッチャとトマト おせんべい状 パリパリ
クリックすると元のサイズで表示します
器も含めて楽しめます この段階でフレンチ的な理解をするのをやめ
素直に向かい合うことにしました なぜならば彼らは既にフレンチの技法を
無視した形での新しいことをしようと
美味しさの追求ともまた違う表円方法をしようとしているのを感じるからです
クリックすると元のサイズで表示します
これも手で
クリックすると元のサイズで表示します
和紙のようなものにくるんで割り箸のようなものが刺し込んであり
開くと
クリックすると元のサイズで表示します
ビジュアルが和ぽいものが多いのが笑っちゃうところです これはヒメリンゴ
彼は日本が大好きで日本の食材をたくさん欲しがっています
クリックすると元のサイズで表示します
ここの名物料理食べられる石
クリックすると元のサイズで表示します
ソースはアイオリ
クリックすると元のサイズで表示します
こんな感じで
クリックすると元のサイズで表示します
中はポテトです ヨーロッパのポテトは旨いのでアイオリとほっくりと
クリックすると元のサイズで表示します
もろきゅうのような・・・ アイルランドのセロリっぽい植物にアーモンドの
プラリネを使ったソース 甘くはないけど不思議な味わいです
続きます
3


※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ