2006/5/22  

岩手県に・・・の続き  
八幡平を下山しながら 以前頂戴した手作りのお豆腐店ふうせつ花さんに立ち寄り
(八幡平保戸坂 0195-72-8008ざる豆腐や生湯波 ここは分けとく山の
野崎さんのお勧めのお店)ショップを拝見した後 舞茸の栽培をされている羽沢さん
のところに 寄らせていただきました。
八幡平市市田の沢 0195-72-3366 有限会社安比まいたけ
ここで何度か登場する 八幡平市というのは町村合併によって 西根町 松尾村 安代町が
合併してできた かなり広大な地域でして なんと面積が862平方キロメートル
人口が3万5千人足らずといった 安比 八幡平を含む広大な市になっています。
この少ない人口は 生活排水が少ない たくさんの山に囲まれている。
雪解けの すばらしい湧き水がたくさん出ることでしょう。
そうするとすばらしい野菜やきのこができだろうと思われます。
とにかく広いのには驚かされます。

この羽沢さんの舞茸栽培現場を見せていただきました。
菌床を ご自分で安全で舞茸の自然の環境と似せたものを作られ
環境も似せたところで栽培されています シーズン中は それを森の中に
運び更に天然に近くまで品質を高めて出荷されているそうです。


大きいですが まだまだ もっと大きくしてからの出荷だそうです。

たくさんの舞茸です。

加湿器です これで森の中の湿度に似た環境を作り出しています。
羽沢さんの若奥様ありがとうございました。 ハナビラタケもお作りだそうで
シーズンになったら是非使わせてください。
表に出ると 桜が満開 きのことは 対照的で(笑)
 

どちらも私の目を楽しませてくれます。
この後盛岡に向かい途中で 旧玉山村 現在は盛岡市になってしまいましたが
昨年も頂戴した クレソン栽培の 斉藤キヨさんのところにお邪魔しました。

畑を起こしてハウスに苗を植えているところです。ラデッシュとかを作っています。
賢治の畠山さんとのツーショット・・・・

清水が湧き出るところでの栽培です。 冷たく一年中ほとんど温度が変わらない
のですが 昨年から今年にかけての大雪でいつもより2度ほど水温が低いそうです。
いま当店のサラダに入っているクレソンはこの斉藤さんのクレソンです。
この後盛岡に戻り 旧知の皆様との楽しい夕食を頂戴いたしまして
第一日目が終了いたしました。

0


※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ