2009/5/20

ボルト  映画

業務試写会。

おもしろかった。
これは映画館で、観るのがおすすめ。
スピード感、音、
この迫力は映画館がいい。

物語は、
役者犬が、そうとは知らず、
スーパードッグと思いこまされて生きてる。
撮影とは知らずに、
飼い主のペニーを守ろうと必死。
それが、ちょっとしたトラブルで、
ハリウッドからニューヨークに運ばれちゃう。
撮影所から出たことのない、
スーパードッグが、
いろいろな危険をくぐり抜けて、
ペニーの元へ戻ろうとする。
そんなお話。

自分が普通の犬だと知ったあとも、
ペニーとの愛情は本物だと信じて、
ハリウッドを目指す。

人の表情とか、
物の素材感が、
ますますリアルになって、
ピクサーの技術はすごい!!
トイ・ストーリーの頃から比べても、
動きも背景も、
細かいところまでほんとによくできてる。

ペニーの声が、
マイリー・サイラスだったのもよかった。

さすが、ディズニー。
0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ