2009/11/11

スノープリンス。  映画

おばあちゃんの思い出が綴られた、
原稿用紙が届くところから、
始まる物語。

昭和11年〜12年の頃の、
おばあちゃんの子供時代。
絵描きになりたかった少年とお嬢様。

ところどころに、
残念な背景あり。
細かい点は除いて、
切ないお話。

もとになったのは、
フランダースの犬だから、
お話の先は見えていて、
裏切らない感じ。
だから、じわっと悲しい。
号泣ではないんだけど、
涙が自然に出てくるような、
そんな映画。
フランダースの犬ほど、
いやな登場人物がいないので、
そのあたりがよかった。
1枚の絵に込められた、
あたたかい思いが素敵。

12月12日公開。

0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ