2009/7/6

古木。  旅行

富山県まで行ってきた。

黒部に行こうか、
氷見まで行こうか、
いっそ金沢に行こうか、
迷いつつ、
魚津で。

魚津水族館は前にも行ったことがある。
淡水魚水族館で、ちびっこがいっぱい。
となりにはミラージュランドというのがある。
行ったことがないけど、
今回も到着が2時を回っていたので、
遊園地はパス。

水族館は角質を食べる魚がいたので、
右手を入れて、きれいにしてもらった。
たしか松本には足の角質を食べてもらう場所があったはず。

それから、近くの埋没林博物館に行ってみた。
閉館30分前に到着。
「7〜8分で蜃気楼の上映が始まります」
と言っていたので、
先に水の中の樹根を見に行った。

地面は発見された当時のままらしい。
大きな古木の根。
生き物みたい。
怖いぐらい。

なんだか別世界。
こういう気というのは感じたことがない。
この木が生まれたのはいつなんだろう。
1500年前〜2000年前に沈んだ木。

乾燥した根っこもあって、
そちらは触れた。

蜃気楼もよかったし、
地味なところだけど、行ってよかった。

杉の香りに癒される。
0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ