2015/9/19  1:56

不整脈に対する分子栄養学的アプローチ  栄養

日常多くみられる不整脈は、期外収縮と、心房細動
心配なのは、心房細動では、左心房内に血栓が形成されやすいこと。
なので、血栓対策が重要ポイントとなる。

・EPA 1000r〜:血栓抑制、血球変形能の改善
 DHA

・CoQ10(コエンザイムQ10)300r〜:心筋のエネルギー需要増大に対応
 
・ビタミンB群 B1レベルで150r〜:心筋のエネルギー需要増大に対応

・カルシウム、マグネシウム 500〜1000r:冠血管のスパスム抑制(冠状動脈が痙攣を起こし細くなるのを抑制するということ)

・ナットウキナーゼ 3000〜6000FU:血栓溶解作用、血管スパスムの抑制
 
・ビタミンE 800〜2000IU:血流改善、線溶系の活性化 活性酸素対策

その他、ビタミンC(活性酸素対策)、ヘム鉄(貧血改善による心負担軽減)、

そして、タンパク質:血管の弾力維持

タンパク質は、体の構造物・・・50歳過ぎたら、肉時々野菜。
0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ