2015/7/12  22:00

酸化ストレス・抗酸化セミナー  セミナー情報

秋葉原にて、酸化ストレス・抗酸化セミナー

活性酸素による細胞への障害は、老化はもとより、癌、動脈硬化、糖尿、肥満、リウマチ、大腸炎、パーキンソン病、認知症をはじめ100種類以上の疾患に関連します。

酸化ストレスと抗酸化力を測定することにより、先制医療(予知・予防医療)に役だてることができたなら・・・

活性酸素は必要でもあり、害もありで、余計な活性酸素を消去するには、アスタキサンチンがビタミンCの400倍くらいの消去力を持つので、今現在、当院アスタリールACTというサプリメントを、自分自身で試し中。
飛蚊症が軽くなってきています♪

d・ROMsテストとBAPテストをして、」酸化ストレスと抗酸化力は測定できるのですが・・・
つい欲しくなるものの、機械のお値段が、、、

ちなみに歯周病では、dROM値(酸化ストレス値)とCRPは高く、BAP(抗酸化力)は低くなります。
0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ