2015/6/25  23:14

血液検査結果カウンセリング  

健康診断で受けた血液検査結果とそのカウンセリングのため、スタッフNさんと澁谷のKYBクリニックへ。

Nちゃんは、超ド貧血にもかかわらずマラソンをしているアスリート
前回の検査で指導を受け、ヘム鉄、タンパク、ミネラル、ビタミン等をきっちり飲んで今回の血液検査に至る。

体調も良くなり、マラソン大会も入賞ペースとなり、栄養って・・食事だけではどうにもならない!と実感している。

貧血の治療も過去に受けたが、鉄剤は彼女の胃を荒らし、結局、治っていなかった。

医院で出される鉄剤は無機鉄。
胃で酸化され、活性酸素を発生することになり、胃は荒れる・・・
鉄剤の注射なんてされたら、全身で活性酸素発生〜〜〜老化促進、癌の発生率上昇!

ヘム鉄は、タンパクにくるまれた鉄。
胃でタンパク質と鉄に消化され小腸へ移動するので、活性酸素もできず、胃が荒れることもなく、小腸でしっかり鉄は吸収される。

「昔かかった医院では、なぜヘム鉄を出してくれなかったの?」と 彼女は言うけれど、ヘム鉄は保険では処方されないからである。

Nちゃんの表貧血のマーカー、ヘマトクリッととヘモグロビンも健康範囲。
貯蔵鉄であるフェリチンも、たった2ngだったのが、37と増加!
以前NHKで紹介していた新しい貧血治療薬は、フェリチンは20にあげられると言っていたが、そんなの足元にも及ばないヘム鉄の効果である。

貧血で運動してしまうと、心肥大になってしまう危険性あり、今回は心エコー検査を受けたところ、問題なし!
アスリートの彼女は、7月には山道の12時間耐久マラソン?に出ると、張り切っているのでした。

で、私は?というと、ともかく痩せろ〜〜と・・・
痩せれば、高めの動脈硬化指数も、Dダイマーも下がると。
・・・痩せなくちゃ・・わかっちゃしるけど、食べちゃうのよねえ・・・、
0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ