2014/4/30  6:07

口腔乾燥症とカルシウムパラドックス  

お口の中が乾いてしまうと嘆かれる患者さん・・・

反復嚥下テストが0回?飲み込む唾液が全然出ませんと おっしゃいます。

舌の粘膜の様子も、あちこち小さな虫歯の多発も、重症な口腔乾燥症を疑わせる様子です。

単なる老化や、血圧の薬や入眠剤、抗鬱剤などの長期内服による副作用が原因の場合もありますが、この方はあまり当てはまりません。

ただ、1年前から骨粗しょう症の治療を開始されておられました。

となると、疑われるのは、慢性的なミネラルの不足?特にカルシウム。

最悪、カルシウムパラドックスによる唾液腺の石灰化があるかもしれません。
(唾液腺の石化化についての診断には、口腔外科などでの検査が必要です)

ミネラルの摂取のおすすめと、唾液腺のマッサージと、舌の体操、ガムのコロコロ体操などを指導しました。

年のせいにしないこと、唾液を出す薬があるのでは?と期待しないことも大事です。
唾液を出す薬は、、、、ありません。。。
0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ