『甘酒』  つぶやき

とにかく寒くてたまらない。

ブログの書き込みも、頭に浮かぶことはたくさんあるのだけれどまとまらない。

寒さのために、締め付けるような痛みと痺れ。気分はふさぎ込んでしまう。

口数が少なくなる。

機嫌は悪くはないが、決して明るくは見えないかも…笑

今朝、お年寄りとの会話の中で、外からの寒さと言うより

氷に肉と皮が被っている様な感じで意見が一致した。

お年寄りと近い寒さの感覚か・・・

中から伝わるシィーンとする寒さ。

氷を素手で抱きかかえたような何とも癒えない寒さ。

エアコンは27度設定しても関係ないようで、外の温度に反応するのか、

嫌なもんだ。

布団にくるまって一日過ごすわけにもいかない。

コタツ猫が恨めしい…

とは言え、それでも生きているから有り難いが、

どれか一つぐらい何とかならないものか、

痺れ…痛み…寒さ…

まぁ…なんでもいいや、先ほどかみさんが入れてくれた、

酒蔵さんから買った麹の甘酒が一番心と命を温めてくれる、

ありがたいな。


クリックすると元のサイズで表示します








2



2014/1/16  21:14

投稿者:へっぽこ院長。

たかちゃん様

はじめまして。
息子さんが発病されたとのこと、心よりお見舞い申し上げます。
正直大変な病気であることはいなめません。
当人も苦しく辛いし、不安でいっぱいだと思います。
そして親御さんも同じく同じ思いをされていると思います。
いろいろな親御さんと出会いましたが、皆心を痛めておられました。
自分が悪かったのではないかと責める方もいますが、誰にも責任のない病なのです。
私には適切なアドバイスは出来ませんが、いかにこの病と折り合いをつけていくかと言うことだと思います。
具合の良いときはそのように、悪いときは悪い時なりのつきあい方を模索して下さい。そして、出来ること出来ないことを確かめていって下さい。
リハビリは、回復と移植のための準備と思って、頑張って下さい。それからこの身体をひとまず受け入れて過ごし。あと少しの医療の発達を待ちましょう。特に息子さんは若いのでたくさんのチャンスがあることを覚えておいて下さい。
あきらめないことが、復活への最短距離です。
今は辛くても、いずれ笑顔になれる未来がまっています。
どうか皆様でのりこえてください、応援しております。

2014/1/16  13:00

投稿者:たかちゃん

息子17歳が脊髄梗塞と診断され色々と調べているうちにへっぽこ院長にたどりつきました。長く苦しんでいること、心よりお見舞い申し上げます。まさか、こんなことになるとは夢にも思わず、ただ毎日が必死です。地元を離れ12月より東京に転院してきました。まだ全部ブログを拝見していませんが。すごく参考になったり、はげみになります。このブログに出会えたことに感謝します。へっぽこ院長様、辛いことたくさんでしょうが一人でも多くの患者さんが、少しずつでも前に進めるよう心から応援します。まだまだ、始まったばかりで正直なにがよいのかもわかりませんが、息子とともに前を向き頑張りたいと思っています。寒いので風邪をひきませんように。これからも、ブログをたのしみにしていきます。


※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ