『準快適生活が理想』  健康管理

クリックすると元のサイズで表示します


ボッとしていたら、桜の時期も終わり。そしてゴールーデン・ウィークも終わっていた…
別段何があったわけでもなく、同じような日々を過ごしていた。
どういうわけか、最近の気候は例年になくおかしな具合だ。
先日の竜巻にしても、あれほど甚大な被害を出すものは、あまり記憶にない。
お天気が良いので、具合が良いでしょうと言われるが、微妙にづれがある。
晴れ曇り雨・・・・自分の場合は、少し違う。
風の吹く日や夕立・雷の鳴る時が悪い。
カッーっと、ヤケドしたように熱くなり、その中を網の目のように激痛が走り回り、その上を強い痺れが包み込んでいく感じがする。個体差があるので、人の感覚はわからないが同じような思いをしていることは確かだと思う。
純粋に痛みだけというのではなく、痺れや灼熱感が伴うことが多い。上空との温度差が激しいと、上昇・下降気流のために雷雨や竜巻など気候変化が起こり、ダイレクトに体の変化を起こす。対処のしようもないから、ただ耐えるのみ(苦笑)

痛みというのは、とてもデリケートなもので、人智で計り知れない。
たとえば、健康な人の靴の中に小さい小石が入ったとする。
死ぬほどの痛みはない、歩けないほどでもない。
ならば一日我慢してみたらと言ったら我慢するか?
自分だって、靴を脱いで小石が出るように靴を振っているはず。
健康だろうが、障害者だろうが、強い弱いだろうが、その人にしてみれば、苦痛でありストレスとなる。
だから、考え方からすれば私だって痛い時は我慢しているのだから、何で我慢出来ないのか?と思う人、あなた方と痛みの度合いが違うのだと思う人、この両者には、平行線ばかりで接点を見つけるのは甚だ困難だと考える。
これも、あまのじゃくな私一人の考えであることを言っておく。
反論異論は、受け付けません(笑)
メールを送りつけるのもやめてください、小心者なので(爆笑)

金環日食やスカイ・ツリーも、僕にとっては盛り上がるまでの余裕は無い。
その日一日を生きるのに必死だと言うと大げさではあるが。
調子の悪い時は、そんなものだと思う。
自分の体が思うようでない者に心の余裕はない。
なるべく楽に、ストレス無く、トラブル無く、平凡な一日が過ぎてくれることを願う。
そんなこと言っていると、弱虫の遠吠えのようだが、それも致し方ない。
さりとて心が卑屈になり、心折れているわけでもない。
準快適生活が理想。
仕事も出来るし、それなりの?リハビリもしているから良いのかなぁ…






にほんブログ村 病気ブログ 頚椎損傷へ
にほんブログ村
4




※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ