『今日の一言・・3』  最近のつぶやき・

凄く寒くなりましたね、へっぽこです。

今日のつぶやき。
朝、患者さんと交わす言葉は『さむいね〜〜』。
かみさんとも話したんですけど、身体の中から寒い。
外からじゃなくてね、中から寒い。
氷の心棒が肉をきてるみたいにさむい。
エアコンが効いていてもさむいって、何?
もう、こうなるとやりようがないわけで、
手足が紫色に変わって、オイラ明日死ぬかもと、
真剣に考えちゃんですよね。
特に夜中の4時頃になると、トイレに行きたくて目が覚めるんで、
ひとまず、言い聞かせるんですよ。
『おまえは、トイレには行きたくない』、
そんなことでだませるわけ無いんで、泣く泣くトイレに行き、
しみじみ、オイラは不幸せだなんて考えるんですよ。
気持ちもしぼむけど、下もしぼんで寒い・・・・笑えない
仕事していても、患者さんの身体も例年よりも硬いんですよ。
ぎっくり腰とか、肉離れ、首の筋肉が寒さで硬くなるから偏頭痛起こす人も多いし、
そしたら、オイラなんてたまったもんじゃないですよね。
で、寝るにしてもフリース着込んで、
それでも寒いからフリースの膝掛けを肩先から首まで包んで、
布団からでないように重装備ですよ。
それでも夜中寒いときは、布団をかぶって寝るんですけど、
引っ張りすぎると足が出て寒い。
全くおかしな話で、温感がやられているのに、わかるから恨めしいんです。
病気で神経をやられてから7年になるんですけどね。
少しずつ温感が戻ってきてはいるんですけど、
お腹ぐらいまで、まだらにそして微妙にわかるんですよ。
うぅ〜と、これを比べるのは、僕の場合病的なしゃく熱感みたいなのか、
本当に温かいのかは、じかに肌を触ることはしないで、
着ている服に手で触れて、その温かさを感じてみるんです。
自分の感じている暖かさと肌の本当の暖かさを比べてみるんですよ。
そうすると、微妙なんですけど、どのぐらい感じられているのかがわかるですよ。
ただ、あまり冷たいとか熱すぎるのは、痛みとして感じるので、
よくわからなんいです。
刺激が強すぎるのは、誤作動を起こすと言うことなのかなと思っているんですけどね。
足なんかは、この時期温かいのかなと比べてみると、
肌の方が冷たいことが多いですね。
おっと、話が微妙にずれました。
あの〜〜。寝ていて顔までかぶっていると、何故かオナラ出ません?
オイラだけなのかな、出ちゃ嫌よ!!と思えば思うほど、出るんですね。
それもですよ、大きいのが一発なら許しましょうが、
情けな〜く、力なく漏れていくのが多発・・・
そのたびに、布団をめくってパタパタと扇ぐんですけど、
真夜中ですよ、中年親父がオナラにまみれて凍えながらですよ、
涙出るでしょ。
そう言う時って、頭クリアで「オイラ何やってるんだろ」ってね、
考えたら眠れなくなりますよ。
しかたないから深夜ラジオ聞きながら笑ってますけどね。
おすすめは、『伊集院光の深夜の馬鹿力』ですかね。
それか音楽、暗〜い、いやいや静かなグレゴリオ音楽、
ミサ曲みたいなやつ。
夜中聞いていると、「あぁぁ・・、このまま天国?!いっちゃんかな」
なんてね、思うんですけど、天国はあり得ないよなあ。
そうそう、言い忘れた。
うちの患者さんでね、近くの小学校でボイラマンしてる人がいるんだけど、
その人が、『先生、小学校の北側の日陰はマイナス8度だよ』と、
『ええええぇぇぇぇぇ・・・・』
寒いじゃん。越冬したい・・・・。な、わけですよ。



3




※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ