2009/11/23

ののこの鼻について  CATNAPお手伝い

10月16日の日記で、ののこの鼻についてお話しました。

言われなければ気づかないと思うのですが、ののこの鼻は生まれつき鼻の穴が小さく、常に鼻づまり状態にあります。
シーズーのよう鼻の低い犬にはたまに見られるようです。
預かり始めて1ヶ月以上経ちました。観察したところ、日常生活に差し支えはありません。
運動制限があるわけでもありません。
ただ、起きているときにしょっちゅう鼻が鳴っちゃうことと、口呼吸が多いくらいです。
寝ているときのイビキもまああるにはありますが、シーズーにはイビキをかく子は珍しくないので、普通の範囲内じゃないかなあ?と私は思っています。姿勢によるのかもしれませんが、常にイビキをかいてるわけでもありません。

本犬がどれくらい苦にしているかは口をきけないワンコゆえ、わかりません。
が、元気いっぱいな様子をみていると、さほど気にしていないのではないかと想像しています。

手術で穴を拡げる場合もあるそうですが、鼻にメスをいれるわけですから、術後の痛みなどを考えるとかわいそうに思います。
もちろん生活に支障をきたすなら致し方ありませんが、今くらいの状態なら十分このまま暮らしていかれるんじゃないかと考えています。

現在言えるのはこの程度で、あとは里親様と獣医さんの考え次第です。

私は飼った事がないのでよく知りませんが、パグとかブルドッグなどは普通にいつもフガフガ言ってる・・・と聞きました。
ののこもそんな感じなんじゃないかな?


クリックすると元のサイズで表示します
「あたちはげんきいっぱいだよ
15
タグ:  保護犬 里親募集



2009/11/24  22:21

投稿者:はなくるみ

ひよこ豆ゆきこさん
貴重な情報ありがとうございました!!
コメントお読みして、ますますののこは手術の必要なんてない気がしました。最終的には私が決めることではないですけど。
ののこはどんなに走り回っても具合が悪くなることはないので、気管は狭くはなさそうです。
ほっとしました(*^_^*)

2009/11/23  22:59

投稿者:ひよこ豆ゆきこ

こんばんは。

鼻腔狭窄でしょうか。

フレンチブルやパグは、いつもブガブガいってますが、気管も鼻も狭い重症例もあるようですね。
(運動しすぎても呼吸がうまくできなくて心臓に負担がかかる。)
お鼻がかわいくペチャッとしてるワンコに多いですね。
ぺキニーズやチンにもいるようです。

でも ののこちゃんは元気に遊んでるから
手術まではしなくてもいいような気がします。

手術を考えた方がいいのは
少しの運動でも息切れして舌が紫になる とか
よく眠れていない とか、支障が出てきた時だそうです。

かかりつけの獣医さんからの豆知識でした。

手術自体はそんなに難しいものではないそうですが
やはり 痛い思いはできるだけ
させたくないですよね。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ