2016/8/18

いろいろと・・・  Happy Paws

すっかり間が空いてしまいました。
今日から父ちゃんの夏休みが終わって仕事に出るようになったので、私も日常を取り戻しつつあります。

トライアル中の羽衣ですが、心配していた、里親さんの時間及び体力的な負担は全く問題ありませんでした。里親さんは羽衣との生活を楽しんで過ごされています。

羽衣を連れてのお出かけも多く、新しいバッグを購入したそうです。

クリックすると元のサイズで表示します

私が太らせてしまったのでダイエットまでお願いしてしまうことになりましたが、ドライフードのほか、手作り食を作ってくださって、さらにはお散歩も頑張って、順調に体重が落ちてきたということです。

自分のご飯を作ってもらっているのがわかるらしく、ガン見の羽衣
クリックすると元のサイズで表示します

なにも問題なくトライアルが進んでいたのですが・・・
明日でトライアル終了という日に里親さんから電話をいただき、なんと羽衣の吠えがうるさいと苦情の匿名の手紙をもらってしまったと・・・

里親さんはそれまで羽衣と過ごしてきて、吠えたのを聞いたのはわずかに一度くらいとのこと。
うちでもめったに吠えることはなかったので、信じられないのですが、どうやら留守番時に吠えていたようです。
先住犬がいない一人っ子なので寂しかったのかな?うちではあんずはじめ仲間が一応いたのでね。
もしかしたらそれでも留守番時は吠えていたこともあったのかもしれません。留守番すなわち人間が家にいないわけで、そこは絶対吠えていなかったとは断言できません。
ただ、うちは田舎の一戸建て。里親さんのお宅は都会のマンション、という周囲環境がだいぶ違います。
また、音に対する許容範囲は人それぞれで、同じ音でも「その程度」と思う人もいれば「耐え難い」と思う人もいるのでしょう。
羽衣の吠えがどの程度だったのか定かではないですが、これからずっと生活していくうえで、苦情が出たことを無視するわけにもいきません。
私の方から、トライアル延長をお願いして、対策を講じつつ様子をみていただくことにしました。

そういうわけで、2週間を過ぎましたが、もうしばらくトライアル中ということになっています。


そんな羽衣も心配なんですが、うちのあんずも急に具合が悪くなり、一時はいよいよか・・・と覚悟を決めたほどです。

14日の午後のことです。
いつも以上に後ろ足の麻痺が酷く、歩きたいけど歩けない、しかし強引に歩こうとしてゴロンゴロンと転げまわるようになりました。
その後やっと寝たかと思ったら、突然大量嘔吐と失禁をしました。その後ぐったりしてピクピク小さな痙攣を起こしていました。
その様子が、くるみを看取った最期の瞬間と酷似していたものですから、私はもはやこれまでかと、あんずに「今までありがとう」「うちの子になってくれてありがとう」と泣きながらお別れの言葉をかけていました。

大発作ではないのですが、かすかな痙攣がなかなか収まらず意識も混濁していたので、初めて座薬を使いました。1年前に発作を起こしたときに「お守り代わりに」ともらっておいたものです。
少ししたら痙攣は収まりましたが、昏睡状態というべきかただ寝ているというべきか判別がつかないのですが、横になったままです。呼吸と心音は正常のようでした。

病院へ連れていくべきか迷いました。私はQOLを保てないただ息をさせているだけの延命はしないことに決めています。このまま眠るように逝く方があんずは楽なのではないだろうかと思えたのです。

しばらく迷いながらも静かに見守っていたら、あんずが目を覚ましました。
立ち上がって歩こうとしましたが、やっぱり後ろ足が突っ張って歩けません。思うように歩けないイライラからか、ギャーギャー騒いでいました。
あまりにもジタバタするので、病院へ連れていって鎮静かけてもらうなどの処置をしてもらった方がいいのかどうか病院へ電話をしてみました。
結果、行くことになり、即出かけました。

上下に分かれるタイプのバリケンの上部を外し、下部のみを使用し、そこに布団を敷いてあんずを入れて車に乗せました。
それまで大騒ぎをしていたあんずですが、そうやって車に乗せた途端、急に動かなくなりました。いえ、呼吸をちゃんとしているのがわかるので死んでしまったわけではなく、疲れて眠ってしまったように見えました。
病院へは10分とかからないので、とにもかくにも病院へ行きました。

病院でもずっとそんな状態で、おとなしく診察をされるがまま。
熱もなく呼吸も正常。足の麻痺はあるが、今緊急にするべき処置もなく、先生といろいろと相談した結果、とうとうステロイドを服用することにしました。
ステロイドを使わず1年以上頑張ってきましたが、もうそうも言っていられない状況のようです。

その夜から投与を始めて、4日ほど経ちました。
翌日からどうにか歩けるようになりました。散歩も行かれています。
徘徊が少し減りまして、起きているのに布団の上でじっとしている時間が増えました。
改めて、ステロイドの力はすごいな〜と。
できれば量を漸減していきたいところですが、どうなることやら。

徘徊にもレベルがありまして、ゆっくり部屋をうろうろしているならまあいいんですが、やたら興奮して高速徘徊し、家具の脚や柱の角にぶつかり隙間にはまって大声で鳴くときは見ていられないです。
そこで、プール買いました。
クリックすると元のサイズで表示します
直径120cm。狭い部屋に置くとそこそこでかいです。
あまりに危ないときはここに入ってもらおうと思います。

今日のあんず
クリックすると元のサイズで表示します
あんずの代わりにプールに入る娘(帰省中)・・・汗


こんなわけで、なかなか気の休まらない日々を送っています。
18
タグ:  里親募集 保護犬



2016/8/24  17:19

投稿者:はなくるみ

うーままさん

ステロイドは『魔法の薬』と言われるように、その効果が絶大なのはわかっているんですが、副作用も有名で、使うのを過度に怖がっている自分を自覚しています。うまく使えば良い薬なんですよね。ご心配いただきありがとうございます。

羽衣のことは里親さんと一緒に頭を悩ませています。
留守中の吠え以外なにも問題ないし、とてもかわいがっていただいています。こんなことで・・という反面、一番困る部分だとも思います。私としては羽衣はもちろんですが、里親さんにも幸せになってほしいので、解決策を模索中です。


2016/8/21  13:54

投稿者:うーまま

こんにちは。
いつも拝見しています。
暑い日々、保護活動も大変な事と思います。
ありがとうございます。

あんずちゃん、心配ですね。
ステロイドでだいぶ落ち着いてきて良かったです。
薬は使いたくないですが、ここぞと言う時は仕方ないですね。

私ごとですが、5月に顔面神経麻痺で右側が神経がマヒして動かなくなりました。
ステロイドをマックス服用、毎日少しづつ量を減らしていく治療法でした。
麻痺もすこしづつ良くなり、今は見てめは分からなくなりました。私も「ステロイド?!」と思ったのですが、場合によっては仕方ないです。

あんずちゃんも薬と折り合いを付けて、快方に向かいますように祈っています。

そんな時に、羽衣ちゃんも心配ですね。
せっかくうまく行ってたのに、匿名の手紙というのは、直接言われるより辛いです。
相手の方に詳しく聞けませんし、合意点も探せません。
できれば来訪してくださると良いのですが。

留守中を携帯から見られるドコモ?のモニターも有るらしいです。高いのかな…。
それはリアルタイムで見られるようですが、他に防犯カメラのように、録画のもあるらしいです。
様子が分かると良いのですが。

思い切って、マンションのお隣、階下などの、相談しやすいお宅に聞いてみても良いかもしれませんね。
「煩かったら申し訳ありません」とご挨拶しながら、留守中にどのくらい吠えているのかなど。
案外そのお宅かもしれませんが。

良いご縁が進むことを願っています。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ