2015/7/5

おとねちゃん虹の橋へ  Happy Paws

確実にいつかやって来るけれど、それがいつになるかはわからなかった『その日』は今日でした。

おとねちゃんは天使になりました。

ううん、天使というより天女かな。仙女だったおとちゃんは天女になったんです。


薬に敏感で、いつも「薬を残さず食べてくれるかな?」と緊張しながら朝晩の食事を与えてきました。
それでも最近までどうにかこうにか成功してきたわけですが、この数日、特に朝はとうとう飲めないことが出てきました。
昨日の朝は初めてシリンジを使いました。水で溶かした薬を細いシリンジ(注射器)に吸い、直接口の中にピッと入れるんです。薬の量が多いので3度に分けてチャレンジしたら、2度目からは警戒してしまって難しくなりました。それでもやっとこさ飲ませきったんですが、もうこの手は無理だと思いました。
そこで、昨夜は数滴の水で粉状に砕いた薬をこねてペースト状にして、私の指先に乗せて上あごになすりつけるという作戦を試したんです。しかし激しくイヤイヤして、結局半分ほどしか口に入れられませんでした。
このときに興奮してしまったのがよくなかったのかもしれません。それからしばらくして突然倒れてしまったんです。
それを境に息遣いが荒くなってしまい、また肺水腫を起こしたんだとわかりました。
既に夜中だったので、朝一で病院へ連れて行こうと思いましたが、前回より重篤であると感じていました。

速い呼吸をしながら横たわったり歩き回ったりするおとちゃんを、私は見ているしかできませんでした。
『その時』に絶対にそばについていようと決めていました。

明け方5時過ぎにだんだん呼吸がゆっくりになってきて、やがて背中の上下運動が無くなりました。
しかしその後心臓は20分近くもトクトクと動いていました。
私はその間ずっと右手で頭を撫で、左手で心臓に手を当て、とうとう鼓動が感じなくなるのを確認しました。

2015年7月5日 5時27分、おとねちゃん永眠。



うちへ来て約一年と四ヶ月、体調には波がありましたが、病気を抱えながらも穏やかにおとちゃんなりに元気に過ごしてきたと思います。
5月に肺水腫を発症してからは目に見えて衰えてきましたが、この歳まで過酷な環境を生き抜いてきた生命力の強い子だと言えると思います。

あらためて引き取り時の記事を読み返しましたが、本当に悲惨でした。
顔がどうなっているかもわからない毛玉と汚れ、そしてゴツゴツに痩せた身体・・・
健康診断の結果は想像通り良くなくて、避妊手術もできませんでした。
それでも日に日に元気になって太ることができました。

おとちゃんを預かることになって、私は初めて心臓と腎臓が悪い犬を扱うことになり、いろいろと勉強させてもらいました。
自宅での補液など、おとちゃんを預かったからこそできた経験があります。
それらは今後にも生かせるでしょう。

全盲なので散歩は無理かと思ってましたが、実はお散歩が大好きであることがわかり、去年の夏は毎夜夜風に吹かれながら一緒に散歩を楽しんだものです。
肺水腫になるまでは、天候に問題がない限りなるべく散歩に行くよう心がけていました。

こうしてごくごく当たり前の幸せを掴んだおとちゃんですが、食事に関してはおそらくなかなかしてあげられない程の高品質であったと思います。
それはひとえにM様のおかげです。
我が家の卒業犬半次の里親さんになってくださったM様は、我が家の歴代の預かりっ子をいつも応援してくださっていますが、おとねちゃんには特によくしていただきました。
次々に届くM様からの食材によって、おとちゃんの晩年は最高の時間を過ごせたと言っても過言ではありません。
M様、おとねちゃんのためにお力を尽くして下さって、本当にありがとうございました。

もちろんM様だけでなくたくさんの方々に応援していただいての保護犬たちの生活です。
十分な医療にかけてあげられ、トイレシートも買わずに済んで・・・皆様のご支援のおかげであります。
里親さんを見つけてあげることはできなかったけど、我が家で幸せな余生を送れたと信じています。ね、おとちゃん、そうよね?

おとちゃんは今、住み慣れたおとねルームでS様からいただいたおとねバスタオルをかけて眠っています。
ずっとずっと気になっていたお顔の汚れはすっかり綺麗になりました。バリカンをかけてすっきり小顔のおとちゃんになっています。
あとあとブログを読み返したときに辛いので写真は載せません。どうか許して下さい。
それから、もしももしもお花などをとお気遣いくださる方がいらしたら、お気持ちだけ頂戴いたしたいと存じます。


明日おとねちゃんは半次が眠る場所に仲間入りします。
長らく応援いただいた全ての皆様に心からお礼を申し上げると共に、ここにおとねの永眠をお知らせいたします。

はなくるみ


41
タグ:  里親募集 保護犬



2015/7/7  22:13

投稿者:はなくるみ

うーままさん
かいままさん
ののこママさん

メッセージありがとうございます。
歳のせいか涙腺弱くって、まだまだ思い出しては目に表面張力起きてます。
おとねちゃんのお世話をしたことで私も成長しました。
これからも経験を生かして状態の悪い子も預かれるよう頑張っていきます。

2015/7/6  9:39

投稿者:ののこママ

美味しいもの食べて、好きなお散歩もして、
幸せな時間を沢山過ごせたね、おとちゃん。

薬を嫌がるときってびっくりするくらい強い力で抵抗しますよね…。
そういう子に飲ませるのは精神的にも大変だったと思います。
それでもおとちゃんの健康のためにと試行錯誤し続けたはなくるみさん、すごいです!
本当にお疲れさまでした。

2015/7/6  8:21

投稿者:かいまま

おとちゃんお疲れ様でした
苦しくなくて痛くなくて きっと楽しく走り回れるね♪
少しの間、はなくるみさんの側にいるのかな。
半次ちゃん おとちゃんの案内宜しくお願いします。

2015/7/6  3:11

投稿者:うーまま

おとねちゃん、天女になっていったのですね。
いつもここに来て、みんな元気だとホッとしていました。

でも最後の二年近く、最高に幸せだったですね。
美味しいものを食べて、楽しいお散歩も出来て、何よりも愛されて。

はなくるみさん、ありがとうございました。
おとちゃん、おばさんはずっと忘れないよ。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ