ドイツ語レッスン体験談 その3  7) 語学習得

ドイツ語レッスン体験談 その3

ドイツ語のプライベート・レッスンを受けるようになって早5回。最初の頃はまったく効果が感じられませんでしたが、最近では日々の生活の中でも少しづつドイツ語が耳に入ってくるようになって来ました。これはこれまで何ヶ月もドイツで暮らしても、まったく起きなかった現象なので、レッスンの効果だと思います。

まだうろ覚えですが、数字も100まで数えられるようになりました。仕事が忙しくて宿題をする暇もない私は、週一回レッスンに出た時だけがドイツ語を勉強する時間です。それでも先生は根気よく私を教えて下さいます。

語学などは自分が努力しなければ、いくらお金を積んでも意味はないのですが、せめて「レッスンの時だけでもやらないよりはやった方がまし程度」の効果はあるものです。

私の個人的な意見では、毎週同じ日の同じ時間に通えるのであれば、自分のレベルにあったグループ・レッスンに入る方が、経済的にも割安ですし、お友達もできるので、良いと思います。

語学学校には格安なものもありますが、「日本人を対象にしている学校」の方が、授業の質は高いと私は思います。

私は昔、フランスで難民向けの無料の語学学校に通っていた事があるのですが、他の人達とはレベルもニーズも違う私を先生はどうやって教えたら良いのかわからずに途方に暮れていた状態で、いくら無料でも通う意味もあまりなく、時間もガソリン代も惜しくなって辞めてしまいました。

また、安い学校には「それなりの人達」が集まるもので、「この人と親しくなりたいからお茶にでもお呼びしようかしら」なんて思える人はクラスの中には誰もいませんでした。

日本人と欧州人とでは、ドイツ語と母国語間との距離が異なるため、語学習得のスピードに明らかな差が出て来る事も日本人向けが良いと思う理由です。要は自分にあったクラスを選ぶ事が一番「費用対効果」が高
い事だと私は思います。


Trackback65
0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ