ケンブリッジ英語検定試験  7) 語学習得

ケンブリッジ英語検定試験

英国ケンブリッジ大学の中のESOL (English for
Speakers of Other Languages)が主催する「ケンブリッジ英語検定」は世界中に広く知られており、多くの国々において企業、教育機関から高い評価を受けています。

1、総合的な英語力を飛躍的に伸ばしたい
2、海外に旅行したり生活するから
3、就職に役立てたい、
4、大学、学校で英語で授業を受けるから、

などといった理由で、例えばFCEについては毎年100カ国以上、27万人以上が受験しております。
読む、書く、聞く、話す、文法の5つのスキルが評価対象になるために、この試験対策コースを取り勉強することで、様々な生活場面、毎日の仕事場、学校や旅行先で使われる実際に役立つ英語を話せる技術を身につける事ができます。

このケンブリッジ英検は、一般英語、児童用 、ビジネス向けに分かれ、一般英語は5レベルに分かれています。

●KET: Key English Test (目安として英検3級程度)
●PET: Preliminary English Test (英検2級程度)
●FCE: First Certificate in English
    (英検準一級程度)
●CAE: Certificate of Advanced English
    (英検一級程度)
●CPE: Certificate of Proficiency in English

世界基準の国際児童用英語検定である Young
Learners English Tests は:
(対象年齢は6歳から12歳)

●Starters:英語学習時間100時間以内程度
●Movers:英語学習時間175時間以内程度
●Flyers: 英語学習時間250時間以内程度

と3種類あり、毎年約25万人の子供達が受験しています。

「話せる英語」を提案している日本の文部科学省が推奨する「コミュニケーション能力重視」の英検で、ドイツ国内でも年に数回、受験をする事ができます。

筆:松本、会話学校 Talk Talk 代表
Tel.: (069) 9767 5718


Trackback48
0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ