2011/4/20

どちらの平均線も明らかな下降基調です。  FX

昨日のエントリーは米ドルが高値82.845円まで上昇し、その後82.211円まで売られ、多少売り優勢の展開となりました。


ひきつづき、短期移動平均線を抵抗線に高値圏でもみ合いしていますが、再び新値足が陽転したことで、長中期BOX相場の底値が視野に入ってきます。


1時間足のローソクチャートから予想すると、明らかな下げがしばらく続いてから、大きい陽線に続いて大陰線が現れる切り返しで、過去3時間前までに三空叩き込みに見えなくもないチャートが伺えます。


SMAから予想すると緩やかな下降状態と見受けられます。


10日平均が50日平均線より下部で移動しており、どちらの平均線も明らかな下降基調です。


過去の結果から考慮すると、エントリーした方が良いか悩みます。


ストキャスティクスで予測すると、売られ過ぎ圏で推移し、再び上値を狙う機会が高まってくるでしょう。


こういう相場は反射的にエントリーでいこうと思いました。


安値は一目均衡表の薄いクモや長期移動平均線が天井として推移しました。


自動決済を受けないようにレートのウォッチだけはしっかりとやって、ポジションを保ち続けていきます。


外為オンラインの評価:辛口レビュー【外為オンライン】FX年間取引高ナンバー1!http://www.dendou.jp/fx/gaitame_online/

0



コメントを書く


この記事にはコメントを投稿できません




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ