ねことわたしの柔らかな日々

西宮でねこと暮らす日々を時折綴っていこうと思います。

 

le calendrier

2020年
← October →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

連絡フォーム

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
この記事へのコメント一覧
※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:花うさぎ
Goodweatherさん、こんにちは。いつもながら、音楽への知識と経験の豊富さには感心させられます。歌ったことがあるなんて、本当にすごいなぁ。「ハバネラ」のテキストはつい先日勉強したところ。それがオペラで歌われているのを改めて聴いて、よく知ってる曲がこういう意味だったのかと、味わいを深くしたばかり。

カルメンにも合唱があるんですね?知らなかった〜。でもいつかチャンスがあるかもしれないから、これもしっかり勉強しておきます!フランス語がひととおり形がついたら、合唱にもっと参加していきたいなあ。いつになるかわからないけれど、まずは第九から、少しずつ繋げていければ、と思っています。楽しい世界が待っていると信じて。
投稿者:Goodweather
花うさぎ様、こんばんは。カルメンは日本でも人気の高いオペラですね。有名なオペラアリアも沢山ありますから、とても楽しめますね。前奏曲を始め【ハバネラ】【セギディーリャ】【花の歌】【ジプシーの歌】【闘牛士の歌】【カルタの歌】本当に見所満載ですね。原作者メリメ、作曲者ピゼーもフランス人で、舞台はスペインのアンダルシアですが、フランスオペラですね。当時は非常に評判が悪く失敗だったそうですが(笑)日本では、以前は有名なソプラノ歌手や海外の有名メゾソプラノ歌手を招いて公演が行われていましたが、近年は日本人でも非常に質の高いメゾソプラノ歌手が活躍して来ていますので、佐渡さんがどのようなキャスティングをなさるのか私も非常に興味がありますね。私も24歳の時に初めて市民オペラに参加しましたが、それがカルメンでした。残念ながら日本語でしたが(苦笑)カルメンの合唱は楽しいですよ。機会がありましたら花うさぎさんも是非参加されては如何でしょうか?私の所有している録音はマリア・カラス、レオンタイン・プライス、映像はジェシー・ノーマン&小澤征爾のドキュメンタリーがあります。一度だけハバネラを歌った事がありますが、フランス語が辛かったです(笑)

http://blog.m.livedoor.jp/haruko1106/index.cgi

過去ログ

teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ