ぶんぶんぶんちゃん! 文太郎が行く

里親募集をしていた文太郎君の京都留学日記&里親さんちでの幸せな生活報告です。

 

カレンダー

2018年
← December →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

カウンター

  • 本日のアクセス
  • 昨日のアクセス
  • 総アクセス数

QRコード

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:和代
きらりさん
そうですね。
確実に福来。は我が家にいますね。
近くで見守っていてくれるみたいです。
嫌なことがあっても、福来。ちゃんとお話すると、元気に頑張ろうって気になれます。
私のビタミン剤です。

福来。と知り合って、福来。が死んでからは
私自身、「死」というものが怖くなくなりました。
後ろ向きの姿勢ではなくて、前向きに「死」を見ることが出来るようになりました。

福来。ちゃんと逢えるのならば、「死」もいいかなって。
(変な意味ではなくて、死にたいという意味でもなくて)

そうですね。
何十年か後、私が旅立つ時には、福来。をしっかり抱きしめて行きたいと思います。

http://happy.ap.teacup.com/fuki
投稿者:きらり
やはり・・昨日も投稿しましたが、姫は和代さんちにいまだ君臨してますね。病気でつらい肉体がなくなって、魂だけになり、きままな猫ライフ満喫してるのかも?時々文ちゃんに姿みせて、脅かしたり遊んだり和代さんの話で盛り上がったりしてるのかも。飼い主としては、虹の橋のたもとで待ってくれるのもいいけど、そばで見守ってくれるのもうれしい。ただ、あまり長い間、この世にい続けると、いざ霊界に行こうとしても行きにくくなるかもしれないっていう説もあります。何十年か先に和代さんが霊界に行くときは、しっかり、福来。ちゃんを抱いていってください。残暑厳しいなか、少し涼しい話になってしまいました。
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ