ダラダラ中につきカメ更新 感想など、ちょろっとでも書き込んでいただけましたら泣いて喜びます🎵

2010/2/14  21:19


私はとても涙腺が緩いのです。気は強いし、激しい性格をしているのだけれど、結構すぐウルッときます。職場ではよっぽどのことがない限り堪えますがね。泣くくらいなら、キレて帰る派ですね

とにかく、強く言われるとダメなんです。昔から、怒られるとすぐに泣いていました。というか、本人の意思とは関係なく、自動で涙が出てくるんですね。親には「泣けば許されると思ってるんだろう」みたいなことを言われ、随分とまあ悔しい思いをしましたよ

だから、怒ったタリタリとまともにやりあうチビを、すごいなぁなんて思っていました。何気に激しい子ですね。

というわけで、怒涛のごとくお送りいたしました「親心〜」ですが、なんとか完結させることができました。もうもう本当に長かったあれの1を書いたのは、11月のことです(タイトルに心が付いているのがその証拠)。ですが、とにかく続きが書けなくて、あそこまでボツ原稿出した作品は初めてです。おばちゃん&タリタリ、チビ&ユリア、タリタリ&ユリアのやりとりをそれぞれ書いていました。

結局のところ、なんでチビがあんなことを言ったのか、私自身わからなかったのですよ。だから、チビも何が悪いのかわからないって感じで。それを誰かに言われて気付くんじゃ意味ないし、とか思っていたら難航してしまったのですね。今考えれば、時期じゃなかったのでしょう。二人の関係が深まった今だからこそ、書けたネタなんだと思います。ある意味で最終回的なお話だよなと、5を書きながら思いました。

そして、友情出演で優等生くんが書けて楽しかったちなみに、彼の長ゼリフ(当社比)をこえ部に投稿してきたところ、例によって紺野さんがやってくださったのでサイドに上げました。あんなふうにやさしく諭されたい

今回は暗く重めの話でしたので、BGMもせつない系でした。



なんか、小説ランキングに「コミカル部門」で登録しているのが申し訳なくなってきた。でも、シリアスってほど真面目な話も書けないんだがわね。

最後になりましたが、こんな自己満小説にたくさんの拍手をありがとうございます楽しんで読んでくださる方がいることに、本当に感謝しています
22



2010/2/16  15:42

投稿者:そら

紺野さん
お忙しい中ありがとうございますハートx2
いやいや、もはやあなたあってのタリウス&シェールですから(笑)。
ステキなお声に癒されまくりです!

2010/2/16  1:11

投稿者:紺野彰広

こんにちわ^^
いやはや、サイドに上げてくださってありがとうございます!!><*
小説を少しずつですが読ませていただいてます^^タリウスとシェール、大好きです(笑)
それでは、失礼いたします^^

2010/2/15  7:51

投稿者:そら

ミルキーショートケーキさま
嬉しいお言葉をどうもありがとうございますキラキラ
どなたかをあたたかな気持ちに出来るのはみょうりに尽きます。
忙しいと言うより、現在1万ヒット企画を考えていて、そっちの準備が楽しくて、手をとられている状態です汗
これからも軽い短編は書いていくかもなので、また遊びに来てくださいませカップ

2010/2/14  21:36

投稿者:ミルキーショートケーキ

いつも楽しみに読ませていただいていますキラキラ
とても深みのあるストーリーで、切なくなったり、読んだあと暖かい気持ちになったりチューリップ
最終回だなんて悲しすぎますT_T
まだまだ続きを読みたい気持ちでいっぱいですキラキラ
お忙しいなら、少しづつでも書いてくださいドンッヒヨコ

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ