ダラダラ中につきカメ更新 感想など、ちょろっとでも書き込んでいただけましたら泣いて喜びます🎵

2022/1/31  0:44

続カーラさん2  小説

それから程なくして、タリウスはひとりユリアの生家を訪れた。

リードソンの私邸は、想像していたとおり広大で、決して華美な装飾が施されているわけではないものの、一個人の住まいと呼ぶにはあまりに豪奢だった。

ひととおり挨拶を終えたところで、タリウスは勧められるまま着席した。客間にはリードソン夫妻以外の姿はなく、そのことがほんの僅かだが彼の心を軽くさせた。

「お一人でお見えになったのですね」

最初の問いは、想定内のものだ。だが、続く台詞は全くもって予想外だった。

「ユリアはともかく、ご子息にはまたお会いできるものと楽しみにしていましたのよ」

「また?」

一瞬、心の声がだだ漏れになったのかと思った。だが、声はあくまで他所から聞こえてきた。

「会ったのか」

「ええ。王都のお友達のところへ行った帰りに、あの娘を訪ねました。あいにく大人は皆お留守でしたけれど、代わりにご子息が立派に家を守っておいででした」

初耳である。少なくとも息子からは、一言もそんな話は聞いていなかった。

「聡明で、心優しくて、素晴らしいお子をお育てですのね」

「いえ…」

「話すことなど何もない。帰れ」

タリウスが口を開き掛けるが、苛立った声に掻き消された。

「あなた」

夫人が制止するのも聞かず、リードソンは席を立った。タリウスもまた反射的に立ち上がった。

「だが、帰る前に庭を案内してやっても良い」

リードソンはこちらに背を向けたまま、歩みを止めた。

「是非そうなさって。お宅のお庭もそれは素敵だけれど、当家の庭園もなかなかのものでしてよ」

話の真意がわからず、困惑していると、夫人はそう言って笑い掛けた。ふいにユリアのことが思い出された。

「どうするんだ」

「お供いたします」

断わる道理はない。タリウスは物言わぬ主人に付き従い、どこまでも果てしなく続く廊下を黙々と歩いた。

目的の場所へ辿り着くと、リードソンはおもむろに扉を開けた。それからしばらくの間、空を見上げた。

促され、開け放たれた扉から一歩外へ踏み出すと、一瞬、時が止まったように感じられた。草木の香りが身体をつつみ、小川のせせらぎが耳を打つ。吹き抜ける風が何とも心地好かった。扉の向こうは別世界だ。

「どうだ、気に入ったか」

無論そうなのだが、いかんせん目の前の光景に圧倒され、気の効いた台詞が出てこない。リードソンはそんな心中を見透かすように、更に続けた。

「言葉を飾る必要はない。思ったままを口にすれば良い」

思ったままと、タリウスは腹の中で反芻した。

「何からか、解き放たれたような、そんな心地になりました」

「ふん。だだっ広いわりに窮屈な屋敷だと?」

「決してそういう意味では」

「儂はそう思った。何年も昔、初めてこの家に足を踏み入れたときは、まるで息が詰まりそうだった」

これには肯定も否定も出来ず、タリウスは黙したまま次の台詞を待った。その昔、ユリアもまた同じようなことを思ったのだろうか、と考えながら。

「あれは気位が高くて、滅多に人を褒めん」

すぐには誰のことかわからず、咄嗟に聞き返すと、リードソンは面倒そうに妻だと答えた。

「子供が真っ当に育っているということは、貴殿がまともな男だということだろう。それで充分だ」

「それでは…」

「不束な娘だが、どうか幸せにしてやって欲しい。多くは望まん。人並みにで良い」

そこでリードソンは初めてまともにこちらを見ると、深々と頭を下げた。タリウスは慌てて最敬礼を返した。

つづく
8



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ