ダラダラ中につきカメ更新 感想など、ちょろっとでも書き込んでいただけましたら泣いて喜びます🎵

2022/1/24  1:00

続カーラさん  小説

「親父に会いたいぃ?!」

アルウィン=リードソンは、未来の義弟から、来訪の目的を聞くなり、目を丸くした。

「何だって急にそんな………ああ、あいつを貰いたいとかそう言うことなら、構わないから好きにかっさらえ」

だが、すぐに合点がいったらしく、今度はこちらに向けてシッシッと手の甲を振った。

「そういうわけにはまいりません」

「何でだ。そもそもあいつは勘当になったも同然、いや、あいつが親父を勘当したのか…?ともかく今更くれてやるような、そんな御大層なもんじゃない」

「しかし、このままでは遺恨が残ります。お手を煩わせて申し訳ないのですが、どうかお力をお貸しください」

「全く面倒な奴だな。ま、筋を通したいという貴殿の気持ちもわからなくはないが」

アルウィンは下顎をさすりながら、しばらくの間思考した。やがて、腹は決まったとばかりにタリウスへ向き直った。

「わかった。近々実家に連絡する。だが、親父は偏屈で如何せん話が通じない。それは必ずしも貴殿に問題があるわけではなく、誰が来ようと…」

「お心遣い痛み入りますが、もとより歓迎されるとは思っておりません」

奥歯に物が挟まったような言い方をする義兄を前に、タリウスはきっぱりと言いはなった。

「お前も食えない奴だな。ま、あいつには、それくらいで丁度良いのかもしれないが。言っておくが、返品不可だ。何遍捨てようが、必ずお前の元に送り返す」

「そのようなことは…」

「その代わり、もしお前がユリアに捨てられた日には、この兄が存分に慰めてくれる」

そう言っていかにも愉しげに笑うアルウィンに、タリウスは何も言い返せなかった。


もうちょい続く
7



2022/1/31  0:47

投稿者:そら

2022/1/30 15:35の方
今回はひたすらたじたじしている予定です!あとちょいとお付き合いくださいませ。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ