ダラダラ中につきカメ更新 感想など、ちょろっとでも書き込んでいただけましたら泣いて喜びます🎵

2021/10/21  22:56

☆彡☆彡☆彡☆彡  小説

「何故呼ばれたかわかるか」

翌朝、イサベルは再び教官室にいた。ただし今回は自らの意志とは無関係だ。

「すみませんが、見当もつきません」

本当はこれでもかというくらい思い当たる節があるが、あくまで平生を装う。緊張で心臓が飛び出しそうだった。

「紅白戦のことだ。もしお前に指揮官をやれと言ったら、どうするか」

「指揮官?!私がですか?」

まるで予想し得なかった問い掛けに、イサベルが目を見張った。

「そんなこと、無理です。出来ません」

「何故そう思う」

ぶんぶんと頭を振るイサベルに、教官が静かに問うた。

「指揮官をするには、情報が全然足りません」

教官は無言で頷き、先を促した。

「同じ班の仲間の顔と名前は一致していますが、特性まではよくわかりません。敵陣に至っては、アグネス以外さっぱりですし、地形も、訓練で見聞きしたことがすべてで、それだって、天候によってどう変化するのか、私にはわかりません」

見知らぬ任地で、さして知りもしない部下たちを率いて、ひとり手探りで指揮を執る。士官学校を卒校した後、ひょっとしたら、そんな状況に遭遇することがあるかも知れない。

だが、いずれにしても遠い未来の話だ。少なくとも今ではない。

「そんな状況で指揮なんて出来るわけがないです。第一、誰もついてこないと思います」

「なら、お前は指揮官をやりたいとは思わないのか?」

「それは…」

やりたくないと言ったら嘘になる。ここが北部士官学校ならば、臆面もなくやりたいという局面である。

「誰にでも平等にチャンスがあるというなら、やらせていただきたいとは思います。ですが、紅白戦は年に一度きり、結果を求められる大事な一戦です。私では役不足です」

「そうか」

「先生、これは何かの陰謀か何かでしょうか」

イサベルは落ち着かない様子で、教官へ詰め寄った。

「そんなものはない」

「では、どうして私なんかにそんなことを」

「お前を指揮官に推したいという声が上がったから、さしあたって意思を確認しただけだ。お前にその気がないのなら、この話は終わりだ。下がれ」

「せんせい」

アグネスは混乱し、すがるような目を向けた。タリウスは苦笑いをひとつすると、立ち上がって彼女の傍に寄った。

「お前が気に病むようなことは何もない。安心して励め」

未だ疑心暗鬼に駆られているイサベルに、大丈夫だと駄目押しし、タリウスは廊下へと続く扉を開けた。

「失礼します」

扉からイサベルの姿が消えるのを見届けると、タリウスは部屋の隅にある書庫へ移動した。

「聞こえたか」

教官の声に内側から書庫が開き、中から少年が二人、順に這い出してきた。

「至極全うなことを言っていたように思うが、お前たちはどう思った?」

「はい。自分の予想したとおりでした」

初めに口を開いたのは、コナーである。タリウスは頷き、それから彼の背後にいるもうひとりの少年に目を向けた。

「ガイルズ、これで気が済んだか」

「はい………」

教官の言葉に何か言いたげではあったが、それきりノアは押し黙った。

「ここまで付き合ってやったんだ。今後は余計なことは考えず、今すべきことに集中しろ」

従順な返事が返され、足音が二つ去って行った。教官の深いため息が朝の光に溶けていった。


「ジョージア先生、一体朝から何だって?」

未だ混乱したままの頭で居室に戻ったイサベルを、級友が好奇に満ちた瞳で出迎えた。

「それが本っ当意味わからないの。誰かが私を指揮官に推したとかで、それで呼ばれた」

「はぁ?何であんたが指揮官なのよ」

アグネスは噛みつかんばかりの勢いである。昨日居室であった事の顛末を彼女もまたイサベルから伝え聞いていた。朝から教官に呼ばれたと知り、タイミング的にどう考えてもその話だと予想した。

「そんなのこっちが聞きたいよ。何?新手の嫌がらせ?」

「さあね。それで、どうしたわけ?」

「どうって、断ったに決まってるじゃない」

「何で?どうせならやれば良かったじゃない。私なら絶対そうする」

「そりゃアグネス、あんたならそうするでしょうよ」

一緒にしないでと、イサベルは力なく笑った。

「ああ、それにしても、一体誰がそんなこと言ったんだろう」

「ひょっとしたら、あの人の良さそうなリーダーじゃない?」

「まさか!ノアはそんなワケわかんないことしないわよ。まともな人だもん。だいたいあんたのとこのリーダーは、大人しそうに見えて、吹っ飛んだことしてるわけ?」

「ノーコメント」

「ちょっと?!」

「模擬戦についてはお互い干渉しない協定よ」

級友の台詞にぐうの音も出ない。イサベルは制服のまま、パタリとベッドに倒れ込んだ。


ひとまずこんなところでご容赦ください。近年希に見るボツ原稿ラッシュ💦

6



2021/11/21  2:32

投稿者:そら

RIEさま
この代の子たちは、ちょっと幼いというか、まっすぐな子たちが多いので、ジョージアせんせーもついついやさしくしてしまうのかもしれません。そんなやさしめな彼を書くのが私も好きなので、教え子たちへの愛情を感じていただけて、嬉しいです。ありがとうございます♡

2021/11/7  0:51

投稿者:そら

2021/10/22 2:57の方
こちらこそいつもありがとうございます。楽しんでくださる方の存在が原動力です。
この期の訓練生たちは、頻繁にネタにしているため、キールたちの代と同じくらい思い入れがあるので、成長を見守っていただけて嬉しいです。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ