ダラダラ中につきカメ更新 感想など、ちょろっとでも書き込んでいただけましたら泣いて喜びます🎵

2021/9/24  2:43

☆彡  小説


「ですから、何でダメなんですか」

放課後の中央士官学校である。教官室には到底似つかわしくない甲高い声が、廊下まで漏れ聞こえている。

「規則だ」

いきり立つ訓練生を尻目に、タリウスは短く発した。

訓練生の名は、イサベル=オーデン。北部士官学校からの預かりものであり、ここ最近の頭痛の種でもある。片割れのアグネス=ラサークは、身分証の一件で懲りたと見え、この場に姿を見せていない。

「でも、それでは話し合いに参加出来ません」

「話し合いなら、教室か食堂を使えば良いだろう。必ずしも居室でしなければならない理屈はない」

「そうですけど。でも…」

教官の言葉に一旦は引き下がるも、その目は納得出来ないと訴える。彼女の胸中を考えれば、至極当然のことだと思った。だが、あいにくどうすることも出来ない。

「いい加減にしろ。これ以上ごねたところで、どうにもならないことくらいお前にもわかるだろう。そうでなくとも、お前は無礼が過ぎる」

それ故、もはや力で押し切るより他なかった。

「何なら、自分の居室からも出られなくしてやろうか」

「し、失礼しました」

イサベルが慌てた様子で許しを乞う。見るからに上部だけの謝罪だが、それを咎める気にはならなかった。

「わかったら下がれ」

未だ不満そうなイサベルを追い出し、タリウスは吐息した。

イサベルの軽い足音が去り、入れ違いに軍長靴が大股で近付いて来る。今日は来客の予定はない。だとすれば、急を要する用か、はたまた野次馬か。直前の会話を聞かれたとしたら、また面倒なことになる。

「随分とまた威勢の良いのがいるな」

「トレーズ殿」

扉から現れた見知った顔に、ふっと緊張が解けた。

ファルコン=トレーズ、教育隊隊長にして、エレインやミゼットの同期生である。

「騒々しくて申し訳ありません」

「あれが噂の交換なんたらか。見るからに気の強そうな奴だな。一瞬、記憶が昔に返りそうになった」

ファルコンが昔を懐かしむように、いかつい顔をほころばせた。

「こちらとしても寝耳に水の状況です」

「泣く子も黙る鬼教官が、小娘ひとりに翻弄されているのか」

「小娘はひとりではありません。二人です」

「それは、なかなか同情を禁じ得ない話だな。ミルズ先生やノーウッド先生は、この状況を楽しむなり懐かしむなりしているんだろう」

「仰るとおりです。まるで私だけが、はずれくじを引かされたようなものです」

交換訓練生を受け入れることが決まってからというもの、タリウスは常に気苦労が絶えない。しかし、そんな自分とは相反して、主任教官も老教官もどこか愉しげである。そう思ったら、つい愚痴っぽくなった。

「ところで、本日のご用向きは?あいにくミルズ先生は、統括のお供で不在にしていますが、お約束でしたでしょうか」

「いや、先生に頼まれた資料を持ってきたんだが、急ぐようなものでもない。白状すると、半分はひやかしというか、ただの野次馬だ」

交換訓練生の噂を聞き付けてやってくる者は後をたたないが、自ら野次馬と名乗る者はそうそういない。タリウスは堪えきれずに息を漏らし、それからファルコンに来客用のソファを勧めた。

「忙しいだろうに悪いな」

「いいえ、訓練もひけていますし、構いません」

変わり者である上官の知り合いには、当然のごとく少々変わった者が多い。そんな中、ファルコン=トレーズは稀にみる常識人である。

「それで、交換なんたらというのは、具体的に何をするんだ?」

「特別なことは何も。交換訓練生も他の訓練生、予科生ですが、彼らと同じようにすべての訓練に参加します。ただ、今年は急遽、例年より前倒しで模擬戦をやることにはなりました」

「上からの指示でか」

「はい」

上は上でも、かなり上からの命である。無論、二つ返事で受けざるを得ない。

「人目を引く派手なことをして、成果を見せつけたいんだろうな。現場のことなどまるでお構い無しか」

ファルコンはさも不愉快そうに毒づいた。立場は違えど、上に対して思うところは自分たちと大差ないのだろう。

「紅白戦の編成はあらかた済んでいたので、一人ずつばらして班に組み入れたのですが、話し合いひとつとっても、当然のことながらうまくいきません」

「ああ、それで居室が何とか喚いていたのか」

思ったとおり、先程のやりとりをファルコンは聞いていたのだ。

「はい。作戦会議と称して、大概どこかの居室に集まって話し合うのが常ですが…」

「確かに、自分のときもそうだった。建前としては、敵方に聞かれないためだが、実際に聞き耳を立てている奴がいるとも思えない。狭い居室のほうが結束が高まるとか、そんなところだろうな。だがそうなると、必然的に女は排除される」

異性の居室に入ってはならないという鉄の掟があるからだ。これまで有名無実化していた規則が、ここへきて日の目を見た。

「ご自身のときは、どうやって彼女たちと情報を共有されていたんですか」

「そうだな、俺の班にはエレインがいたんだが、普通に教室の隅で話をしていたぞ。あいつのいない間に決まったことを伝えて、それから考えを聞いたりした。あいつの意見は奇抜だが、俺らには絶対考え付かないことを言うから、聞く価値があった」

つまりは、エレインの素養によるところが大きいのだろう。

「多分、ミゼットにはレックスが話していたんだろう。まあ、あいつらは二人で居室にいるところを一回捕まっているけどな」

ファルコンは思い出し笑いを堪えようと必死だ。

「そういったことはよくあったんですか」

「女と居室にいることか?それとも先生に見付かることのほうか」

「あ、いや、そのどちらもです」

「居室を行き来するのは、正直、日常茶飯事だったな。よく覚えていないが、先生にばれたのは、多分その一回だけだった筈だ。少なくとも俺は、そんなへまはしていない」

「そう、ですか」

男女でいがみ合っているのも問題だが、仲良くなったらなったで、また新たな問題が発生するようである。

「話を戻すが、そもそもにおいて、女は信用できないと言う奴もいたな。まあ、あいつらはおしゃべりだし、ミゼットにいたっては、カマを掛ければ大事なことですら、簡単にしゃべっちまうようなところがあったから、仕方ないんだが」

ファルコンは苦笑いを浮かべ、それから一応フォローのつもりか、最近はそんなこともないが、と付け足した。

「だから、必ずしも場所の問題だけではないだろう。それに、教官にこんなことを言うのはなんだが、最近は地方の訓練生のが出来が良い。彼女たちが自分たちの利になると思えれば良いんだがな」

実際、彼女たちは成績優秀で、兵学の知識にも長けている。北部で紅白戦をすれば、恐らく中心となって作戦を立てていたことだろう。本人たちとしても、現状は不本意な状況に違いない。

「そうかと言って、教官がよそ者に肩入れするわけにもいかないか」

「おいそれとは」

そんなことをすれば、確実に拗れる。既に痛いほど経験済みである。

「結局、見守るより他はなさそうです」

そう言えば聞こえは良いが、とどのつまり出来ることがない。タリウスは自嘲気味に言った。

「良いんじゃないのか、それで」

だが、ファルコンは昂然と言い放った。

「手綱さえしっかり握っていれば、あとは多少目を離したところでどうとでもなるだろう」

そうしてニヤリと笑った。
6



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ